健康と医療

歯槽膿漏(歯周病)の治療してます。

健康と医療

歯槽膿漏(歯周病)の治療に、東京医科歯科大学歯学部付属病院に行きました。

110127ikasika500.jpg

110127sigaku470_01.jpg

女房が、昨年からお茶の水にある東京医科歯科大学歯学部付属病院(東京都文京区湯島1-5-45)に通院していましたが、12月3日に脳梗塞になって、医科歯科大学の隣にある順天堂に入院しました。

20日ほどで無事に退院しましたが、まだふらついていて一人では出歩けない状態なので、医科歯科大学病院まで付き添いました。

せっかく歯医者さんに行くのだから、あなたも診てもらったらとの女房の言葉に、歯周病で長年診てもらっている家の近所の歯医者さんには、自分の手入れしか治す方法がないと言われていたのであきらめていましたが、大学病院なら違う治療でもしてくれるかなと思って、先週6日に私も診てもらいました。


診察の方法には二通りあり、月1回の通院治療か、診察時間がかかるが、週1回以上診てもらえる方法があるとの説明受けて、後者を選びました。

東京医科歯科大学 歯学部付属病院の4階は、歯医者さんの教室です。その生徒さんの勉強の為のモルモットになるのです(笑)。

生徒さんが診て、その後に先生の見立があるので時間がかかりますが、治療は大丈夫とのことです。

110113haisya500_01.jpg
コップを手に持ってボタンを押さないと、水が出ないレトロなうがい器具です。


私が診てもらった学生さんは、今年6年生の静岡県出身のOさんでした。
来年卒業予定だそうですが、その後、どこで実習を受けるかまだ決めていないそうです。頑張って下さい。

口臭が気になる。歯ぐきが腫れる。歯ぐきが下がって歯がしみる。食べ物が歯にはさまるようになる。実はこれが歯周病の注意信号だそうです。


*********************************


1週間後の今日13日、9時から2度目の治療を受けました。今日の治療は午前中の3時間です。

レントゲンを撮るので、Oさんに付いてレントゲン室まで行きましたが、レントゲン室の先生に9時半から予約は無いって言われていました。

Oさん、日付を間違えて昨日の予約に書き込んでしまったようです(笑)。10時半からのレントゲンの予約をして、歯周ポケットの検査を受けました。

ポケットとは、目に見えない歯茎の汚れが溜まった溝です。細い針の先のような道具で、先端から1ミリ単位のメモリが付いているポケット探針器具で、ポケットをの深さを測定します。

歯周病の治療は、このポケット内にある歯垢や歯石を取り除き、歯茎の炎症を抑えて引き締め、これ以上の歯槽骨が溶けてなくなるのを止める治療なのです。

10時半になり、レントゲンを撮りに行きました。レントゲン撮影も学生さんがセットして先生のチェックを受けてからの撮影です。
6枚撮りましたが、1回ごとに先生が確認しながらの撮影でした。

現在の歯医者さんのレントゲン撮影はデジタルですが、アナログの機械でした。


レントゲンの後は、歯の模型を作るので歯形を取りました。

110113haisya500_02.jpg

先生のチェックを受けましたが、ダメでした。私の口にも特徴があって取りにくい口だそうです。
二度失敗して、次回になりました。次回まで学生同士で練習しますとのことでした。

110113haisya500_03.jpg

次回は1月27日の9時からです。
Oさん、頑張ってね。Oさんは24歳の女性です。

*********************************

歯周病とは、プラーク(歯の表面に付いた細菌などの集塊。歯垢(しこう))による、感染症です。

35歳以上の成人の80%以上の人がかかっているそうです。

歯周病の初期にはほとんど自覚症状がないのですが、治療しないままでいると、歯を抜かなければならなくなります。

しかし、歯石除去などの早期処置が出来れば、完治は可能だそうです。

1日1回は、しっかりと上手な歯磨きをして、健康に長生きしたいです。


尿漏れの原因と、予防を知っておきたいですね。

健康と医療

尿漏れって、年配の方、お年寄りの方に多いように思いますが、20代、30代の方でも多くの女性が経験するらしいですね。

尿漏れの原因や、予防のためのストレッチをしましょう。骨盤底筋のゆるみや、出産がきっかけで尿漏れになるそうです。

くしゃみや咳をした時など、大笑いした時などに起こる尿漏れを、腹圧性尿失禁と言いますが、この尿漏れをした事がある女性は2人にひとりの割合で経験しているそうです。

年配の方、お年寄りの方だけの悩みではないようですね。原因は、尿道の開閉をになう骨盤底筋がゆるんでくることにあるそうです。

女性は、子宮や卵巣を骨盤底筋が支えていることや、筋力が弱いことなどが影響して、男性に比べると尿漏れしやすい身体の構造になっているそうです。

妊娠中の重いお腹が骨盤底筋に負担をかけたり、出産の時に骨盤底筋を傷つけてしまうことにも原因があるそうです。

骨盤底筋は意識しなければ、動かす事が出来ない筋肉なので、加齢とともに退化していくだけなのです。それをストレッチなどで絶えず動かして鍛えておくことが、改善を予防になります。

尿漏れの予防としては、水分の摂取を控えた方が良いのではと考えがちですが、年配のかたは意識して水分摂取しなさいなどと、政府の健康公報などにも書いてあるとおりに水分を控える事はしない方が良いですね。

便秘は骨盤底筋に負担をかける原因になりますので、食物繊維の多い食事を摂り、予防と改善を心がけることが大切ですね。

骨盤底筋の強さは遺伝するそうです。母親が尿漏れだったという方は要注意ですね。

また、肥満ぎみだと脂肪の重みが骨盤底筋に負担がかかり、尿漏れが起こりやすくなりますので、あまり太らないようにしましょう。

月経痛や便秘、下痢や頻尿の有る方は、骨盤底筋にが弱いかも知れませんので、ストレッチなどで筋肉をうごかして改善を心がけましょう。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。


鍼(はり)治療

健康と医療

耳鳴りがひどく、色んな治療を試していますが、鍼が耳鳴りや難聴に改善効果があるかもと試しに始めました。

101125miminari460_2.jpg

101125miminari500.jpg

突発性難聴や、慢性の難聴も改善する可能性があるそうです。

鍼灸師に対する信頼がなければ、体に針を刺す治療ですから、ちょっと気後れがしますね。

鍼治療は気を整える技術なので、鍼灸師との信頼関係がないと効果が期待出来ませんね。

針治療を受けたら、治癒反応のために副交感神経が働いて、一時的に辛くなったり、一時的にイライラする状態などの症状が出てくることもあるそうです。

良い関係の鍼灸師にめぐり合いたいですね。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。


LDHの数値について(血液検査の結果)

健康と医療

LDH検査は、肝臓、心臓、肺、腎臓、血液、骨格筋に関する病気や、悪性腫瘍を調べるために行われます。

血液検査をした結果、LDHと言う項目が279でした。病院からもらった検査の基準範囲表には、115〜245 U/L になっていますが、34ほど上まわり、気になったのでネットで調べてみました。

LDHとは、「乳酸脱水素酵素」とあり、筋肉や臓器など、体のあらゆる所に存在し、エネルギー代謝時に使用される酵素で、激しい運動をすると高くなるなどとあります。

糖の代謝に関わる酵素の一種で体中の細胞に存在し、細胞に障害があるとLDHの値が高くなります。

LDHは、測定誤差が大きく、また基準範囲も200~400であったりとサイトによっては随分とちがっていました。

この基準範囲の数値は、検査法や環境によって大きく変わるそうですが、心配なことは、基準値を超えて高い場合はガンの疑いありとかいてありました。

新生児は、成人の約2倍で、乳児期から幼児期には減ってきて、思春期以降には一定値になってきます。男女の差はほとんどないのですが、妊娠後期には上昇することがあるそうです。

食事による変動はないのですが、飲酒や、筋肉注射により上昇することがあります。

基準値より高い場合は、急性心筋梗塞、心不全、急性肝炎、慢性肝炎、肝臓がん、肝硬変、転移性肝臓がん、筋肉ジストロフィー症、多発性筋炎、肺梗塞、白血病、悪性貧血、溶血などの疑いがあります。

LDHの数値を調べる、血液検査をたまには行なって、健康管理をしましょう。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。


歯列矯正とは

健康と医療

歯列矯正とは、悪い歯並びを美しく、きれいにする歯科治療のことです。

一般の歯科治療とは違い、矯正治療は悪い位置にある歯を、顎の骨の中で少しずつ動かし、正しい位置に美しくきれいに並べなおす治療をおこないます。

小さいころに歯の矯正をする人は沢山いますが、最近では大人になってからでも、歯列矯正をやる人も増えているそうです。

歯並びをきれいにする方法は、大きく分けて二つあります。

一つは自分の歯を正しい位置に並び替えていく、ワイヤーやブラケットを装着する矯正です。

歯医者さんで歯の矯正をするというと、ブリッジをつけるといいますが、ワイヤーの力を利用して歯を動かして歯並びを良くする方法です。

もう一つの方法は、人工的なかぶせ物により、歯並びをきれいにする方法です。

この方法は、短期間で治療が終了しますが、人工的なかぶせ物をまたやり直す可能性も出てきます。

見た目のみを重視した矯正治療が行われて、それが原因で噛み合わせが悪くなり、顎関節症の原因となることもあります。

歯科医選びは本当に慎重に行いたいですね。ブリッジをつける歯の矯正には、時間もかかりますし、お金もかかりますので、治療を受ける歯科医院を選ぶ際に慎重にならざるを得ません。

虫歯などの治療では、たとえ満足のいかない場合でも、他医院でやり直すことは容易ですが、矯正治療をやり直すということは、時間的にも、費用的にも難しいですね。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。


古代ローマの昔から試されていた治療方法

健康と医療

インプラント矯正は、歯の矯正用につくられたデンタルインプラントを、顎の骨に埋め込んで固定し、今までの矯正治療では困難であった歯の動きを可能にしました。

デンタルインプラントとは、歯の欠損や機能を代用させる目的で、顎骨に埋め込む人工的な物質です。現在ではチタンが多く使われています。

おもに凹凸が大きくある症例や、笑った時に歯茎の大半が見える状態などの症例に多く使用されます。

治療期間が一般の矯正よりも短く、外科手術なしでできるなど、抜かない治療の幅が広がる良さがありますが、口腔内に、歯列矯正用インプラント材料を埋めることが必要です。

天然歯に近い回復が得られ、また周囲の歯を削ったりする必要がないため、インプラント治療を受ける人は増えています。

インプラント治療は、実用的に使用されている人口の臓器の中では、最も完成度の高いものと考えられています。

インプラントを埋め込んだ、古代ローマ時代の人骨が発見されていて、すでにインプラント治療が昔から試されていたことをが証明されたのです。

最初はシリンダータイプと呼ばれる、滑らかな表面だったのですが、現在は、固定力を増す為にネジ状の形態になりました。

メリットには、天然歯のように顎の骨に固定されるので、固いものを噛むことができ、隣の歯を削る必要もなく、他の歯に負担をかけず、見た目が天然歯に近いのです。

デメリットとしては、歯槽骨を削る必要があり、まれに術後の後遺症を起こすことがあります。全身疾患がある人には治療できなく、天然の歯周組織と比べると、感染の危険性が高くなります。

従来の治療法には、ブリッジ治療や入れ歯治療があります。

ブリッジは、健康な歯を削る必要や、ブリッジを支える健康な歯の負担が増す欠点がありました。

入れ歯は、硬い物や粘りのある食物が苦手ですし、臭いや汚れなど、手入れが大変です。また、留め金などにより、審美性にかけることがありますね。

インプラント治療とは、歯が無くなってしまった歯の根に部分に、人口歯根を埋め込み、その上に人口の歯をかぶせる治療法です。

これまでの治療法と異なり、まるで自分の歯を取り戻したような、日常生活を過ごすことが出来るようになります。

歯の抜けてしまったところにインプラントを埋め込み、人口の歯をかぶせるので、両隣の歯を削ることがないのです。

入れ歯を固定する金具がないので異物感がなく、他の歯に負担をかけませんので、入れ歯をしっかりと固定できるので、入れ歯を気にせずに食事や会話を楽しむことができます。

インプラントを埋め込んだ後、顎の骨に固定されるまで、3~6ヵ月間待ち、しっかりとした土台が出来上がってから、人口の歯を上にかぶせるのです。

治療期間が長い、健康保険が適用されないという欠点がありますが、ガタツキがなく、自分の歯と同じように硬い物をしっかりと噛める、健康な歯を削らなくっても良いなどの利点があります。

健康に長生きしたいです。


TOPPAGE  TOP