老人性肺炎は、年配者の死因の第一位

老人性肺炎は、年配者の死因の第一位となっているかなり危ない病気です。

とくに気を配らなくてはならないのは、「誤嚥性肺炎」と称される病気です。

大抵の人は、食物が気管に入りそうになったら、咳き込んで異物を吐き出すことができます。

けれど、高齢となって吐き出す力が低下してしまうと、それができない場合があります。

こうしたことが一因となり誤嚥性肺炎になってしまいます。

これについては、年配者なら、どんな人でも気を配らなくてはならないことです。

年配になり病気になりやすくなると、寝たきりになるケースも多くなります。

そのことで、一層誤嚥する可能性が多くなります。

はじめの頃は異物が気管に侵入しても、寝たきりでも体が感知して除去しようとします。

ところが、繰り返し誤嚥してしまうことで、いつの間にか体が慣れてしまい、吐き出そうとする反応が弱まります。

お年寄りは食事の時に誤嚥しやすくなってしまうので、食事の時は特に注意しましょう。

初めに水を飲むなどで、これから食事をすることを体に知らせるといいですね。

適当に飲み込んでしまうと誤嚥の要因になってしまうケースもありますので、食べることに集中することも大切です。

ちなみに、食事終了後に横になってしまうと、このことも誤嚥の要因になってしまいます。

いつもと違うと思ったら、早めに肺炎を疑い、早い段階で治療できるようにすることが大切です。

体力が低下する歳になったときには、特に注意が必要です。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。

手の甲や指の濃い毛を薄くする20代男性の抑毛ジェル|婚活や面接対策

TOPPAGE  TOP