肺炎を喘息の症状だと勘違いされ適切な治療が受けられない人も

肺炎はどんな仕方で診断されるのかというと、数多くの検査が実施されます。

多くは、聴診器を利用して音を聞くことで、判断がつきます。

また、熱が出たり痰や咳が出たり、胸に痛みがあることなども大切な判断の材料です。

肺炎になると、気道が狭まるなどの異変が見られるため、聴診器をあてた際に異常な音としてわかるのです。

しかしながら、聴診器を当てただけでは、もう一つ明らかにならないケースもあります。

このようなときには、エックス線検査がされることになります。

聴診器でははっきりしなかった場合も、エックス線検査をすることにより、肺炎になっているのかを見極める確率が高まります。

症状だけで判断しようとしてしまう人もいるようですが、病院でしっかり検査を受けて判断してもらうべきでしょう。

それに加えて、信頼できる先生に検査をしてもらうことも大切ですね。

喘息の症状だと勘違いされてしまい、適切な治療が受けられなかったという話も珍しくありません。

これの他にされる検査には血液検査が挙げられます。

肺炎なのか確かめられたら、それから原因の菌の種類が特定されます。

原因菌にはいろいろあり、菌の種類が何かにより周りの人に感染してしまうかどうかが決まってくるため、非常に重要な検査だと言えるでしょう。

この検査には数日時間がかかってしまいますが、原因のウイルスの種類がわかりますので、もっと適切な治療が行えるようになります。

血液検査やエックス線、聴診器などの複数の検査でもまだわからないときは、CT検査によって判断していきます。

検査内容が不明確な場合は、あらかじめ医師に確認しておくといいですね。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。


中高年からの病気や孤独や寂しさ・不安を一緒に考え、前向きに生きる

TOPPAGE  TOP