肺炎にかかるきっかけとなるのは、ウイルスや細菌

肺炎にかかるきっかけとなるのは、ウイルスや細菌であると言われています。

このようなものは、息をするときに鼻や口から侵入しやすいので、常日頃から予防することが大事です。

でも、ウイルスや細菌が体の中に入ってきた場合でも、全てが肺炎になってしまうわけではないのです。

人間の体には、免疫機能というものがあります。

それで、健康ならば、免疫機能が細菌やウイルスを攻撃し、取り除いてしまうことができます。

しかしながら、風邪を引いている人など体力や免疫力が落ちていた場合には、きちんと攻撃ができないため、発症してしまう可能性があります。

周囲の人に伝染ってしまうのかどうかは、発症した肺炎の種類によって違ってきます。

各種ありますので、種類ごとに原因や症状が変化します。

咳が見られるのがよくある症状ですが、高熱が出る種類のものもあれば、それほど熱が上がらないものもあります。

入院が求められるかも、症状や菌の種類によって違ってきます。

なによりも、病院に訪れて適した検査や治療をしてください。

今後、どういった種類の治療をするかは、医師と話しつつ考えます。

人にうつるかもしれない時は、家で治療を続けるのではなく、入院することも勧められるでしょう。

肺炎を患ったからといって、寝たままの状態でいなくてはならないということもありません。

しかしながら、安静な状態でいることが大事なので、寝ないにしてもあまり立たないようにするなど、なるべく大人しく過ごすように心がけましょう。

難関私大合格ブログ|早慶上智マーチへの対策と勉強法

TOPPAGE  TOP