小さな子が肺炎になると、症状が重くなる危険性が

小さな子が肺炎になると、症状が重くなる危険性がかなり増えます。

免疫力や体力も弱いので、生後2ヶ月〜9歳までの期間は、ワクチンを受けましょう。

体力がある大人の場合は、肺炎になってしまっても、症状がひどくなることはあまりないでしょう。

ですが、子供というのはそうではありません。

大人がなってしまう肺炎とは、全く別物であると認識していたほうが良いでしょう。

やっかいなことですが、いち早く発見するのは不可能に近いことがほとんどです。

けれど、話せないくらいの幼児なら、親が注意して観察してあげることが重要です。

少しでも異常があるようなら、早い段階で病院に行くようにしてください。

重症化した場合、死に至ることも少なくありません。

さらに、一命を取り留めたとしても、後遺症が残ってしまう人が多々います。

大人になってからも苦しめられる後遺症もあるので、なるべく早い段階で異常に気付いてあげることが大切です。

一般的な症状には、乾いた咳が出てしまうことが挙げられます。

これがだんだんとひどくなり、痰が絡むような強い咳に変わっていきます。

小学校や幼稚園に通っている子供の場合、他の子供から感染する場合もあります。

感染した状態でも気付かずに登校しているかもしれません。

こうしたことも考慮して、外から子供が戻ってきたときに手洗いとうがいを日課として行わせましょう。

調子が良くないときには風邪だろうと考える人も多いですが、親が肺炎についての情報を知っておかなくてはなりません。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。


アンダーヘアの処理が自宅でできる|Ⅴライン・ビキニラインはもう心配ない


TOPPAGE  TOP