坐骨神経痛とは、坐骨神経部分が圧迫されて痛みが発生する状態

座骨神経痛で、24歳の時に1週間程立てなくなったことがあります。

坐骨神経痛はというと、坐骨神経部分が圧迫されることにより痛みが発生する状態のことで、おしりから太腿後部にかけて痛くなります。

おしりから足の先まで伸びている長く重要な神経を坐骨神経と呼びますが、大変長いために痛みを伴う範囲が広いというのが厄介です。

症状が重度になると、痺れが足先にまで広がってしまったり、指先まで痺れてしまうこともあります。

天候などの影響を受けて、症状のあらわれ方が変わり、体調が優れないことが続いてしまいます。

ぎっくり腰や椎間板ヘルニアに起こるような、突然きつい痛みが生じるということはないのですが、これにより治療に着手するのが遅くなるケースもあります。

きつい痛みが出てくるといったものではないので、病院に相談して治療を施してもらわずとも良いと認識している人も多数いるのです。

特定の動きをしたときにだけ痛みや痺れが出てくることが大抵なので、日々その動作を極力しないようにするだけで治療をしない人もいるようです。

坐骨神経痛の治療を施さない普段の生活を送ることで、症状が重度になってしまうリスクがあります。

坐骨神経痛は、姿勢を変えることなく長時間いることが元凶となり認められやすくなる症状で、高齢者のみのものではないのです。

骨盤や股関節などの歪みが引き起こされると、筋肉に力が入り過ぎるようになり、筋肉の腫れが見られるようになります。

腫れた状態の筋肉はというと、坐骨神経に負荷をかけることとなり、痛みが引き起こされるようになります。

溜め込まれた疲労と歪みから発生する坐骨神経痛ですが、突如として症状が起きます。

症状が引き起こされるまでの時間は人によって開きがありますが、自分には無関係と軽視しないで、日頃の姿勢について気を遣いましょう。

光を浴びると徐々に染まる洗い流さない白髪染め

TOPPAGE  TOP