坐骨神経痛は広い範囲で発症するので、個々の場所で異なる症状が出る

座骨神経痛で24歳の時に、1週間程立てなくなったことがあります。

坐骨神経痛という病気は、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアといった病気のように、治療が欠かせないものです。

坐骨神経痛は広い範囲で発症するので、個々の場所で異なる症状が出てきます。

おしりや腰の周辺に出る痛みが主な症状と伝えられていますが、太腿や足、足の指先にも痛みや痺れが発生する例も少数ではありません。

痛みは24時間続くわけではなく、身体を動かしたことで痛みを自覚し、痛みを伴う動作は人それぞれです。

特定の姿勢をすることで痛みが現れることもありますし、痛み以外に痺れが伴うこともあります。

症状が重い人の場合、痛みがきつくなり歩行までもが苦痛となり、足に力を入れにくい状況となり歩行もままならなくなります。

坐骨神経痛とは、体に生じた歪みなどによってある決まった筋肉に対して過度の力が与えられてしまうことが原因と想定されます。

このことから、足の筋肉をしっかり見てみると、左右の筋肉量が異なっていることもあります。

このような、筋肉の偏りも坐骨神経痛の症状に当てはまると言われています。

坐骨神経痛の特徴として、痛みの他に痺れが挙げられますが、この他にも生じる症状があります。

ほてりのような熱を自覚することもありますし、それとは異なり冷え性のように冷えを自覚することもあります。

筋肉痛を起こした場合のように、足が引きつった感じを覚えることもありますので、症状が長続きする人は、専門医に診てもらう必要があります。

坐骨神経痛は片方にのみ症状が起きるのが当たり前ですが、両側に症状が認められるようでしたら早めに受診して、適した治療を開始しましょう。

白髪の根元もすぐにしっかり染まる白髪染めシャンプー

TOPPAGE  TOP