坐骨神経は、尻から足の先まで伸びているので症状があらわれる

座骨神経痛で24歳の時に、1週間程立てなくなったことがあります。

特徴は、症状が多岐に渡ることなので、自分自身がそうなのか断言するのはたやすくないとされています。

坐骨神経痛の可能性がある症状は様々ですので、判断基準を参考に自分に当てはまるかどうかをチェックしましょう。

坐骨神経痛には関連しないのではないかと思われるものもありますが、坐骨神経はお尻から足の先まで伸びていますのでこうした症状があらわれるのです。

お尻から足が痛む・背中に痛みが生じる・腰の痛みがずっと出ていたことがある・便秘に悩まされ続けているということはないでしょうか。

これらに関しては普通の生活をしていてもよくあることですが、適合するものがある場合には坐骨神経痛であることも考えられます。

これら以外にも、ある動きをしたときに痛みを生じることがありますが、これについてもチェック対象に該当します。

重さのあるものを持ち上げた際に、お尻部分が痛くなったという症状はありませんか。

長時間座ったり、立っていると腰に痛みが走ったり、長時間歩いてから腰や背中の痛みが引き起こされた覚えがありませんか。

睡眠中に、腰や背中の痛みが引き起こされて、体勢を変えたことはないですか。

そして、目が覚めたときに腰や背中が痛いことはありませんか。

くしゃみや咳が出たときに、腰や背中が痛くなったり、疲労が溜め込まれてくるときつい痛みが足を襲うことはありませんか。

こういったチェック項目に目を通すと、坐骨神経痛というのは、多くの人が経験したことがある痛みや不快感であることがうかがい知れます。

ずっと不快感が治まらないのに、専門医などを頼ったことがない人は、一度診察を受けたほうが良いでしょう。

抜け毛切れが増え髪の傷みが気になる方の白髪染めシャンプー

TOPPAGE  TOP