座骨神経痛の症状がないときは、腰周辺の筋肉を鍛える運動を

座骨神経痛で、24歳の時に1週間程立てなくなったことがあります。

坐骨神経痛という病気は、間違いのない診断と治療を開始することにより、すぐに症状が治まります。

坐骨神経痛の可能性がある症状は様々ですが、こうしたものが発生した場合は自分で解釈をしないで、専門の医師に診てもらいましょう。

同じような症状が見られる危ない病気になっていることがありますので、素人判断は控えましょう。

坐骨神経痛は、発症後どの程度時間が過ぎているかで急性期であるのか慢性期であるのかが決まり、それに合わせた治療法が用いられます。

発症してから48時間以内の状態で、炎症が発生しているのであれば急性期に分類されます。

急性期であるなら、炎症を抑制するためにアイシングが必須となり、炎症した部分を冷やすと同時に休ませます。

腰が痛くなると温める人がほとんどですが、炎症を起こしているときに温めることは逆効果なので、間違えないようにしましょう。

急性期は痛みが伴わないため、同じ姿勢でずっと過ごさないようにしたり、腰をひねることがないようにします。

48時間以上の時間が経過して、炎症が鎮まり出すあたりを慢性期と言い、この段階では血行を改善する治療が開始されます。

超音波などの電気治療が実施されるとともに、ホットパックを使用した温熱療法を施されます。

神経根ブロック注射を取り入れることもありますし、牽引治療が取り入れられるときも多くあります。

ヘルニアなどからくる坐骨神経痛のケースでは、手術を行う場合もあります。

症状が現れていないときは、腰周辺の筋肉を鍛えるための運動をすることが、症状の予防のために大切となります。

シャンプーしながら白髪が染まる面倒方の白髪染め

TOPPAGE  TOP