坐骨神経痛対策を徹底しつつ生活する必要性

座骨神経痛で、24歳の時に1週間程立てなくなったことがあります。

坐骨神経痛というものは、自分自身で防ぐことができ、症状を良くすることも自力でできます。

痛みを引き起こすような症状が出る前に、坐骨神経痛対策を徹底しつつ生活する必要性があります。

例えば、腹筋周りや骨盤周り、それからお尻や背中の筋肉を鍛え上げる運動をする必要があります。

仰向けの形で寝たらひざを曲げて、手をまっすぐ伸ばしておへそを見るイメージで上体を起こします。

胸の前で腕をクロスして上体を起こしていったり、頭の後ろらへんに手を添えた状態で上体を起こします。

このような運動で、左右にひねりをプラスすれば、お腹のサイドの筋肉も鍛えることが可能です。

背中の筋肉を鍛錬するには、うつぶせの姿勢になりそこから上体を起こします。

おしりの筋肉を鍛えるやりかたは、うつぶせになって足を上に上げていきますが、その際に家族などに上から負荷をかけてもらうようにすると良いでしょう。

横になった姿勢で上になった足を上げる運動のときも、太腿を誰かに押さえられるなどの負荷を与えてもらいながらこなします。

いすに座りひざを上げるメニューや、ひざ下を上げる動作をすることも同様に逆の力を加えていきます。

脚を上げ下げする運動に関しては、腸骨筋や大腰筋、これら以外には大腿部の筋肉や脊柱起立筋などを鍛錬することができます。

こうしたトレーニングを継続していくことにより、身体の歪みがとれ、腰骨や背骨を保護できるようになります。

それ以外にも、腰周りや骨盤の周辺の筋肉に柔軟性が高まれば、坐骨神経痛に発展しにくい身体に仕上がります。

ちなみに、あらかじめ防止するための運動は、適度な強度で実践することが大切で、負荷の強度ややり過ぎには気を配らなければなりません。


わき毛の処理後に毛穴が黒ずむ20代女性の除毛ローション

TOPPAGE  TOP