坐骨神経痛対策は、スリムな体への減量

座骨神経痛で、24歳の時に1週間程立てなくなったことがあります

坐骨神経痛とは、腰などに強い負担がかかることによってなってしまいますが、治療するにはいろいろな手段があります。

坐骨神経痛対策でよく知られているのが、骨盤や腰の周辺、下肢や背中の筋肉などを向上させるトレーニングです。

しかし、最も楽な坐骨神経痛対策は、減量なのです。

著しい体重の増加によって、腰の痛みに悩まされた経験はないでしょうか。

腰への負担を和らげたいのなら、体重を落とすだけで大丈夫なのです。

体重を絞ることで獲得できるメリットはいろいろあり、坐骨神経痛対策の他、椎間板ヘルニアを発症させる確率も減らします。

また、身軽になることにより、運動に適した身体になったり、エクササイズする意欲が出てきます。

運動に取り組む回数が増すと、筋肉を鍛え上げることにもなりますし、それが体重をさらに減らすことにつながります。

そして、生活習慣病の心配も減りますし、心肺にかかる負担が少なくなるので、体重を減少させることはたくさんの恩恵があります。

体重を絞ることが、そのほかの生活に良い影響を与え、より一層好影響を与える行動に通じるようになります。

軽量化すると、ウォーキングやエクササイズなどの運動も楽しくなるでしょう。

心も体もはつらつとなることで、ストレスも除去されて、坐骨神経痛に陥りにくくなります。

前より太ってしまい、腰が痛いなどの坐骨神経痛の兆しが見られたら、生活に運動を取り入れてダイエットにもチャレンジしましょう。

スリムな体と、坐骨神経痛の完治の二つが一度に手に入るかも知れません。


TOPPAGE  TOP