歯周病の予防

歯周病を治すのは非常に難易度が高く、専門的な知識が必要

歯周病の予防

歯周病を治すのは非常に難易度が高く、専門的な知識が必要だとされています。

歯科であるなら、どこでもいいとは明言できません。

歯科医院を選択するときに、通いやすいところを選ぶこともできますが、効果の高い治療を希望するなら、歯周病治療を得意とするところのほうが良いでしょう。

注目したいのは、「日本歯周病学会認定医」と認められた資格の有無です。

この資格については、日本歯周病学会が特定の条件をクリアした歯科医に授与するものなので、歯周病の処置を心置きなく任せられると認識して良いでしょう。

歯周病学会の認定医に登録されるには、歯科医師免許はもちろんですが、さらに条件があります。

第一に、日本歯周病学会のメンバーとして5年以上の期間属していることが必要です。

他にも、歯周病学会認定の指導医に付いて5年以上歯周治療の現場で働いていることや、歯周病に関する論文研究などで研修とみなされる単位を50以上取っていることが必要です。

歯周病学会の認定医を名乗れるようになってからも、5年ごとに更新が必要な資格ですので、歯周病に常に関わっている歯科医師と言ってもいいでしょう。

こちらの資格を所持している歯科医を知りたい場合は、日本歯周病学会の公式ページを見て検索するという方法があります。

検索によって近場の認定医がわかったら、そこの医院に対する口コミもぜひ調べましょう。

知識や技術があっても、信頼関係というのも大切な要素なので、気持ちよく通うことができる専門医を見つけたいものです。



歯周病の原因となるプラークは、糖分によって増える

歯周病の予防

歯周病を予防するためには、自分だけで行うことは困難だと考えましょう。

忘れずに毎日歯磨きしていても、全てのプラークを無くすことは難しいので、医師に協力してもらわなければなりません。

歯磨きについては、歯ブラシだけでなくデンタルフロスや歯間ブラシなどを活用して、丁寧に行わなければなりません。

意識している人が少ないですが、きちんと噛んで食べることが歯周病を阻止するのに有効だということをご存知でしょうか。

しっかり噛むと、唾液がたくさん出ますので、そのために細菌が口内に滞らず流れてしまうのです。

唾液の放出を促進して、歯周病を誘発する細菌が残らないようにしましょう。

それだけでなく、よく噛むことで歯や歯茎を鍛えることができるので、炎症が引き起こされにくくなります。

歯周病などの病気は、生活習慣と非常に結びついています。

決まったサイクルで日常を過ごしていなければ、免疫力が衰え、細菌が増加の一途を辿ってしまいます。

元気がないと、細菌が増殖してしまい、歯周病を深刻化させます。

ストレスを溜めずに、良質な睡眠を心がけ、食事の面にも注意を払うことが肝心になります。

歯周病の原因となるプラークは、糖分によって増えてしまうので、糖分に偏った食品には注意する必要があります。

3度の食事は、いろいろな栄養素をバランスよく摂取して、食べるときにはよく噛むことも大切です。

歯周病の発症を避けるには、難しいことが必要なのではなく、健全な毎日を送ることが一番なのです。


歯周病を悪化させてしまうのは歯ぎしり

歯周病の予防

歯周病は、プラークの除去を怠ることによってひどくなる歯の周りの病気と言えますが、悪化させてしまう要因は他にもあります。

きっかけとなるものは様々で、虫歯や歯石があること、歯並びの悪さ、歯ぎしり、喫煙、免疫低下などのようなことが該当します。

プラークが石灰化したものが歯石なのですが歯科医に取り去ってもらうしか方法のない煩わしい物質で、歯石は歯周病をさらに悪くするきっかけになり得ると言われています。

たばこの成分であるニコチンは、血流を阻害し、抵抗力を減少させてしまう成分です。

歯周病をひどくするのにダイレクトに関わるわけではありませんが、炎症が回復しにくくなる確率が高いでしょう。

現実的に、喫煙している人のうち歯周病を患っている人は大勢いて、治そうとしても完治まで時間がかかるとされています。

虫歯の治療が影響していることがあり、歯に被せたり詰めたりするものがその歯にマッチしていなければ、プラークが蓄積しやすくなります。

また、歯並びが良くない場合、歯磨きを徹底していてもプラークが取りきれないことがあり、歯周病を引き起こしやすくなります。

歯並びが乱れているなら、歯科医に自分の歯並びにふさわしい歯磨きのやり方を聞くようにしましょう。

歯周病を悪化させてしまうのは歯ぎしりで、歯や周辺組織に過度な力がかかってしまうのがその理由とされています。

歯ぎしりは意識がないときに生じてしまうので、歯医者さんに相談すると良いでしょう。

さらに、疲労などによって抵抗力がダウンしていると、口内の細菌が力をつけてしまうので、元気でいることが何より大事です。



プラークの除去を怠ると、歯茎の炎症を引き起こして歯周病へ

歯周病の予防

歯周病の要因と言われているプラークとは、どういったものを指すのでしょうか。

プラークは、口の中の細菌が集合したもので、歯や周辺組織に付着することで口内の健康状態に悪く作用してしまいます。

きちんと歯を磨いていても、磨き残してしまう部分はどうしても生じますから、次第にプラークが蓄積されていきます。

プラークの除去を怠ると、歯茎の炎症を引き起こし、重症化してしまうと辛い歯周病へ変わっていきます。

歯科医の手で歯石を排除してもらった覚えのある人は少なくないでしょう。

歯石というものは、プラークが排除されず石化してしまった状態のことです。

プラークが溜まっていると、歯周ポケットを深くしてしまい、プラークがその中にさらに蓄積されるといった悪い状態となります。

この位の症状のときに医療機関で治療を施してもらわなければ、歯肉炎が生じ、歯茎が慢性的な炎症状態になります。

長期間炎症していると、歯周病も次第に悪化し、最後の段階では歯が抜け落ちることになります。

第一に、プラークを毎日の歯磨きできちんと取り除いていきましょう。

プラークが歯石になった状態では、自力では排除することが不可能になります。

カルシウムが唾液中にあるために、すぐにプラークは歯石に移行してしまうのです。

歯磨きを念入りに行っても、すべてのプラークを除くことはできないので、歯石がないかをチェックする必要があります。

歯周病を防ぐために、だいたい3ヵ月ごとに歯科医の診察を受け、歯石を排除してもうらうことをおすすめします。


歯肉炎と診断されるのは、歯周ポケットが2〜5mmという状態

歯周病の予防

歯と歯肉の堺に現れる溝のことを歯周ポケットと言いますが、健康な歯と歯茎にはあらわれないものです。

歯周ポケットができたということは、歯周病が始まっているということですから、気を配るようにしましょう。

歯周ポケットができてしまうと、その部分に歯石や食べ残りが集積してしまって、口臭が出るようになります。

歯周ポケットに溜まった歯石などは、歯茎にとって有害なものとなり、歯周病をどんどんひどくさせてしまいます。

知覚過敏の症状のように、冷たい食べ物に限らず甘い物や温かいものに歯が触れたときにしみる場合は、症状が悪化していると思っていいかもしれません。

歯周ポケットがどのくらい深くなっているかは、歯科医院を訪れれば専門の機器を使用して測ってもらえるので、進み具合を把握することができます。

一つ一つの歯と歯肉のあり方により、歯周ポケットの様子も変わりますので、一箇所だけで判断することはできません。

歯周ポケットがどの程度広がっているかで、歯周病がどの段階にあるのかを窺い知ることが可能になりますが、普通は2mm程度の深さであれば健康だと判断されます。

それ以上深くなっていると、深さに応じて歯周病の進み具合がわかります。

歯周病になりかけのときに見られる歯肉炎と診断されるのは、歯周ポケットが2〜5mmという状態です。

それ以上になると、歯周病が悪化した歯周炎と判断され、治療は大変になります。

歯周ポケットの深さというのは歯周病を診断する際のひとつの基準ですが、それのみで診断はせずに、歯茎や歯の様子をよく調べた上で診断されます。


歯周炎と分類されるもので何より数多く発生するのが慢性歯周炎

歯周病の予防

歯周病について怖い点は、かなり進行するまで自覚症状が見られないということです。

歯科医に診てもらって、歯肉炎と言われたことのある人は少なくないでしょう。

歯肉炎は歯周病の初期に見られる症状で、ひどくなると歯周炎に移り変わります。

歯肉炎は、歯の周辺にある組織に細菌が増えていないことを言います。

まだ歯肉炎のレベルで医療機関でちゃんとした処置を受ければ、完全に症状を抑えることができるので、この間に見つけ出して処置に取り掛かることが肝心と言えます。

歯磨きをする際に、歯茎の出血があったり、歯茎が腫れていると思ったことはないですか。

歯茎が血で滲んだり膨らんでいるのは歯肉炎の症状の一つですから、何の処置もしないでいれば歯周病に変化します。

歯肉炎の段階で自覚症状がないため、対処せずに過ごしてしまうことが多く、歯の周辺組織の奥の方まで細菌のダメージを受けることになります。

歯周炎と分類されるもので何より数多く発生するのが慢性歯周炎という名称の症状であり、歯の周囲にある組織がみるみるうちに溶けていき歯が長く見えるようになった状態になります。

自力で良い状態に引き戻すことは無理なので、歯科医による適切な治療が必要ですが、重症化していると医療機関であっても処置することが困難となってしまいます。

それでも、治療は簡単にはいかないにせよ、歯周炎をひどくさせないことはできますから、歯科医に診てもらうことは大切です。

歯周炎となる手前にある歯肉炎の間に治療をできるようにするには、歯の定期検診を実施することがおすすめです。

自分ではなんともないと思っていても、歯の状態をみてもらうために、一定期間ごとに歯科医で診てもらいましょう。



歯周病の影響で口臭が強くなっている場合、口内では歯の周辺の組織に細菌が発生

歯周病の予防

歯周病は自覚できる症状が少ないので、自己判断できる段階にはすでに相当悪化しているようです。

しかし、健康的な状態ではなくなっているわけですから、何かしらの異常が起きているものです。

歯の健康を損なわないために、わかりづらい変化にも気を付け、早いうちに察知して、早く治療を開始できるように時間をかけて確かめることが重要です。

日々の歯磨きの際に、歯ブラシに血が付いたり、歯茎が血だらけになっているという人はいませんか。

歯茎から出血することは起こりがちな点ですが、これは歯茎が炎症を起こしている証拠で、歯周病と診断されることがほとんどです。

その上、自分の口が臭うかなと思ったときも、歯周病を患っている可能性があります。

歯周病の影響で口臭が強くなっている場合、口内では歯の周辺の組織に細菌が発生したことがそもそも始まりだと推測できます。

こういった細菌をそのままにしておくと、歯周病が深刻化しますので、口臭があると自覚したら歯科医院で診てもらいましょう。

口内の細菌が増加すると、口腔内で粘着質の唾液が出るケースもあるため、判断の目安になります。

この他、歯茎の腫れ、色の異常などが見られたり、歯茎の位置が下がっている場合なども、歯周病が進んでいるのかもしれません。

硬いものにかじりついた際に痛みが生じる場合は、歯を支えている位置まで悪化しているのかもしれません。

もしも、歯がぐらついている場合は、大至急歯科に行き処置をしてもらわなくてはいけません。

以上のように、歯周病が原因となる症状がいろいろありますから、普段の生活で変化を見つけるようにしましょう。



歯周病は自覚症状がないので、深刻な状況になるまで気付かない

歯周病の予防

歯周病というのは、歯の周囲の組織が細菌に感染し、それが原因で不具合を生じ、最終的には歯が抜けてしまう病気を言います。

歯周病は、自覚症状と言えるものがあまりないので、深刻な状況になるまで気付かない人もかなりいると言われています。

日本人の8割以上が歯周病にかかっているのですが、病気としての認識が低いことが頭の痛いところです。

近頃、テレビCMにおいて「歯槽膿漏」という単語が使われなくなったことを、気付いている人はいるでしょうか。

歯槽膿漏というのは、歯の周囲の組織から膿が発生する症状のことですが、このことは歯周病の症状に当てはまるため、歯槽膿漏という言葉を使用しなくなったのです。

歯の周囲の組織は、歯を支えるという大切な存在になります。

その組織が細菌といったものに蝕まれると、最後には歯を支えられなくなり、歯が落ちてしまうといった最悪の事態に陥ります。

既にお話ししたように、歯周病には自覚症状がないため初期の段階で気付くのは困難です。

それでも、日常歯を磨くときを利用して、歯やその周辺の様子を注意深く確認することによって、早く見つけることができるでしょう。

最初に、良い状態の歯茎の色はピンクであると把握してから、自分自身の歯茎を確認してみてください。

唇を裏返すようにしてみれば、歯茎を十分にチェックできます。

歯周病を発症した歯茎は、健全なピンク色とは言えず、赤に近い色をしていたり赤紫に変色しています。

ただ歯茎の色を見るだけでも、症状の進み具合が見て取れるため、毎回歯を磨く際に、度々チェックする癖をつけておきましょう。



TOPPAGE  TOP