歯周病は自覚症状がないので、深刻な状況になるまで気付かない

歯周病というのは、歯の周囲の組織が細菌に感染し、それが原因で不具合を生じ、最終的には歯が抜けてしまう病気を言います。

歯周病は、自覚症状と言えるものがあまりないので、深刻な状況になるまで気付かない人もかなりいると言われています。

日本人の8割以上が歯周病にかかっているのですが、病気としての認識が低いことが頭の痛いところです。

近頃、テレビCMにおいて「歯槽膿漏」という単語が使われなくなったことを、気付いている人はいるでしょうか。

歯槽膿漏というのは、歯の周囲の組織から膿が発生する症状のことですが、このことは歯周病の症状に当てはまるため、歯槽膿漏という言葉を使用しなくなったのです。

歯の周囲の組織は、歯を支えるという大切な存在になります。

その組織が細菌といったものに蝕まれると、最後には歯を支えられなくなり、歯が落ちてしまうといった最悪の事態に陥ります。

既にお話ししたように、歯周病には自覚症状がないため初期の段階で気付くのは困難です。

それでも、日常歯を磨くときを利用して、歯やその周辺の様子を注意深く確認することによって、早く見つけることができるでしょう。

最初に、良い状態の歯茎の色はピンクであると把握してから、自分自身の歯茎を確認してみてください。

唇を裏返すようにしてみれば、歯茎を十分にチェックできます。

歯周病を発症した歯茎は、健全なピンク色とは言えず、赤に近い色をしていたり赤紫に変色しています。

ただ歯茎の色を見るだけでも、症状の進み具合が見て取れるため、毎回歯を磨く際に、度々チェックする癖をつけておきましょう。


TOPPAGE  TOP