歯周炎と分類されるもので何より数多く発生するのが慢性歯周炎

歯周病について怖い点は、かなり進行するまで自覚症状が見られないということです。

歯科医に診てもらって、歯肉炎と言われたことのある人は少なくないでしょう。

歯肉炎は歯周病の初期に見られる症状で、ひどくなると歯周炎に移り変わります。

歯肉炎は、歯の周辺にある組織に細菌が増えていないことを言います。

まだ歯肉炎のレベルで医療機関でちゃんとした処置を受ければ、完全に症状を抑えることができるので、この間に見つけ出して処置に取り掛かることが肝心と言えます。

歯磨きをする際に、歯茎の出血があったり、歯茎が腫れていると思ったことはないですか。

歯茎が血で滲んだり膨らんでいるのは歯肉炎の症状の一つですから、何の処置もしないでいれば歯周病に変化します。

歯肉炎の段階で自覚症状がないため、対処せずに過ごしてしまうことが多く、歯の周辺組織の奥の方まで細菌のダメージを受けることになります。

歯周炎と分類されるもので何より数多く発生するのが慢性歯周炎という名称の症状であり、歯の周囲にある組織がみるみるうちに溶けていき歯が長く見えるようになった状態になります。

自力で良い状態に引き戻すことは無理なので、歯科医による適切な治療が必要ですが、重症化していると医療機関であっても処置することが困難となってしまいます。

それでも、治療は簡単にはいかないにせよ、歯周炎をひどくさせないことはできますから、歯科医に診てもらうことは大切です。

歯周炎となる手前にある歯肉炎の間に治療をできるようにするには、歯の定期検診を実施することがおすすめです。

自分ではなんともないと思っていても、歯の状態をみてもらうために、一定期間ごとに歯科医で診てもらいましょう。


TOPPAGE  TOP