歯肉炎と診断されるのは、歯周ポケットが2〜5mmという状態

歯と歯肉の堺に現れる溝のことを歯周ポケットと言いますが、健康な歯と歯茎にはあらわれないものです。

歯周ポケットができたということは、歯周病が始まっているということですから、気を配るようにしましょう。

歯周ポケットができてしまうと、その部分に歯石や食べ残りが集積してしまって、口臭が出るようになります。

歯周ポケットに溜まった歯石などは、歯茎にとって有害なものとなり、歯周病をどんどんひどくさせてしまいます。

知覚過敏の症状のように、冷たい食べ物に限らず甘い物や温かいものに歯が触れたときにしみる場合は、症状が悪化していると思っていいかもしれません。

歯周ポケットがどのくらい深くなっているかは、歯科医院を訪れれば専門の機器を使用して測ってもらえるので、進み具合を把握することができます。

一つ一つの歯と歯肉のあり方により、歯周ポケットの様子も変わりますので、一箇所だけで判断することはできません。

歯周ポケットがどの程度広がっているかで、歯周病がどの段階にあるのかを窺い知ることが可能になりますが、普通は2mm程度の深さであれば健康だと判断されます。

それ以上深くなっていると、深さに応じて歯周病の進み具合がわかります。

歯周病になりかけのときに見られる歯肉炎と診断されるのは、歯周ポケットが2〜5mmという状態です。

それ以上になると、歯周病が悪化した歯周炎と判断され、治療は大変になります。

歯周ポケットの深さというのは歯周病を診断する際のひとつの基準ですが、それのみで診断はせずに、歯茎や歯の様子をよく調べた上で診断されます。

TOPPAGE  TOP