プラークの除去を怠ると、歯茎の炎症を引き起こして歯周病へ

歯周病の要因と言われているプラークとは、どういったものを指すのでしょうか。

プラークは、口の中の細菌が集合したもので、歯や周辺組織に付着することで口内の健康状態に悪く作用してしまいます。

きちんと歯を磨いていても、磨き残してしまう部分はどうしても生じますから、次第にプラークが蓄積されていきます。

プラークの除去を怠ると、歯茎の炎症を引き起こし、重症化してしまうと辛い歯周病へ変わっていきます。

歯科医の手で歯石を排除してもらった覚えのある人は少なくないでしょう。

歯石というものは、プラークが排除されず石化してしまった状態のことです。

プラークが溜まっていると、歯周ポケットを深くしてしまい、プラークがその中にさらに蓄積されるといった悪い状態となります。

この位の症状のときに医療機関で治療を施してもらわなければ、歯肉炎が生じ、歯茎が慢性的な炎症状態になります。

長期間炎症していると、歯周病も次第に悪化し、最後の段階では歯が抜け落ちることになります。

第一に、プラークを毎日の歯磨きできちんと取り除いていきましょう。

プラークが歯石になった状態では、自力では排除することが不可能になります。

カルシウムが唾液中にあるために、すぐにプラークは歯石に移行してしまうのです。

歯磨きを念入りに行っても、すべてのプラークを除くことはできないので、歯石がないかをチェックする必要があります。

歯周病を防ぐために、だいたい3ヵ月ごとに歯科医の診察を受け、歯石を排除してもうらうことをおすすめします。

TOPPAGE  TOP