歯周病を悪化させてしまうのは歯ぎしり

歯周病は、プラークの除去を怠ることによってひどくなる歯の周りの病気と言えますが、悪化させてしまう要因は他にもあります。

きっかけとなるものは様々で、虫歯や歯石があること、歯並びの悪さ、歯ぎしり、喫煙、免疫低下などのようなことが該当します。

プラークが石灰化したものが歯石なのですが歯科医に取り去ってもらうしか方法のない煩わしい物質で、歯石は歯周病をさらに悪くするきっかけになり得ると言われています。

たばこの成分であるニコチンは、血流を阻害し、抵抗力を減少させてしまう成分です。

歯周病をひどくするのにダイレクトに関わるわけではありませんが、炎症が回復しにくくなる確率が高いでしょう。

現実的に、喫煙している人のうち歯周病を患っている人は大勢いて、治そうとしても完治まで時間がかかるとされています。

虫歯の治療が影響していることがあり、歯に被せたり詰めたりするものがその歯にマッチしていなければ、プラークが蓄積しやすくなります。

また、歯並びが良くない場合、歯磨きを徹底していてもプラークが取りきれないことがあり、歯周病を引き起こしやすくなります。

歯並びが乱れているなら、歯科医に自分の歯並びにふさわしい歯磨きのやり方を聞くようにしましょう。

歯周病を悪化させてしまうのは歯ぎしりで、歯や周辺組織に過度な力がかかってしまうのがその理由とされています。

歯ぎしりは意識がないときに生じてしまうので、歯医者さんに相談すると良いでしょう。

さらに、疲労などによって抵抗力がダウンしていると、口内の細菌が力をつけてしまうので、元気でいることが何より大事です。


TOPPAGE  TOP