更年期障害の治療

更年期障害の症状に、ホットフラッシュと呼ばれる「のぼせ」と「ほてり」の症状があります。

「ほてり」は、体がカーとなって、冬でも体がほてって、顔が紅潮して汗をかきます。

その他の症状には、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、不眠、疲労感、口の渇き、のどのつかえ、息切れ、下痢、便秘、腰痛、しびれ、関節痛、筋肉痛、性交痛、生理不順などがあります。

更年期障害とは、卵巣機能の低下による、ホルモンバランスの崩れにより起こる症候群です。

閉経期前後になると、卵巣機能が低下し、卵巣から分泌される女性ホルモンの一つである、卵胞ホルモン(エストロゲン)の量が減少することにより起こります。

早発閉経は、30~40代前半の女性に起こる症状で、特に35歳以降に多いといわれ、45~55歳ごろに訪れる閉経と同じように、月経が早期になくなってしまいます。

原因は不明ですが、遺伝的なもの、自己免疫疾患などが考えられ、親戚などに、30代で閉経した人がいる場合は、遺伝の可能性が高くなります。

閉経して、体調が悪い場合や、妊娠を希望する場合は、ホルモン補充療法を行っています。妊娠の可能性は低くはなりますが、決してゼロではありません。

情緒不安定、不安感やイライラ、などの心身症の症状が現れることもあり、症状の強弱には、精神的要素が大きくかかわってきます。

治療方法には、ホルモン療法や、漢方薬や精神安定剤を使って治療することも有効ですね。

閉経前後に、体内で不足してきた女性ホルモン(エストロゲン)を、飲み薬(経口剤)や、貼り薬(貼付剤)として補充する、ホルモン補充療法が行われています。

エストロゲンを補充することにより、自律神経のバランスが整ってくるので、自律神経失調のために起こっていたさまざまな症状が軽くなるのです。

欧米ではすでに30年以上の実績があり、日本でも約20年来行われてきた療法で、日常生活を、快適に過ごすための療法として、活用されています。

健康に長生きしたいです。

TOPPAGE  TOP