尿漏れの原因と、予防を知っておきたいですね。

尿漏れって、年配の方、お年寄りの方に多いように思いますが、20代、30代の方でも多くの女性が経験するらしいですね。

尿漏れの原因や、予防のためのストレッチをしましょう。骨盤底筋のゆるみや、出産がきっかけで尿漏れになるそうです。

くしゃみや咳をした時など、大笑いした時などに起こる尿漏れを、腹圧性尿失禁と言いますが、この尿漏れをした事がある女性は2人にひとりの割合で経験しているそうです。

年配の方、お年寄りの方だけの悩みではないようですね。原因は、尿道の開閉をになう骨盤底筋がゆるんでくることにあるそうです。

女性は、子宮や卵巣を骨盤底筋が支えていることや、筋力が弱いことなどが影響して、男性に比べると尿漏れしやすい身体の構造になっているそうです。

妊娠中の重いお腹が骨盤底筋に負担をかけたり、出産の時に骨盤底筋を傷つけてしまうことにも原因があるそうです。

骨盤底筋は意識しなければ、動かす事が出来ない筋肉なので、加齢とともに退化していくだけなのです。それをストレッチなどで絶えず動かして鍛えておくことが、改善を予防になります。

尿漏れの予防としては、水分の摂取を控えた方が良いのではと考えがちですが、年配のかたは意識して水分摂取しなさいなどと、政府の健康公報などにも書いてあるとおりに水分を控える事はしない方が良いですね。

便秘は骨盤底筋に負担をかける原因になりますので、食物繊維の多い食事を摂り、予防と改善を心がけることが大切ですね。

骨盤底筋の強さは遺伝するそうです。母親が尿漏れだったという方は要注意ですね。

また、肥満ぎみだと脂肪の重みが骨盤底筋に負担がかかり、尿漏れが起こりやすくなりますので、あまり太らないようにしましょう。

月経痛や便秘、下痢や頻尿の有る方は、骨盤底筋にが弱いかも知れませんので、ストレッチなどで筋肉をうごかして改善を心がけましょう。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。

TOPPAGE  TOP