ストレスとにきびの関係

ストレスとにきびには関係があります。大人の女性が、にきびができるのは10代の頃と少し違った理由からなんです。

体質や食生活、そして加齢によるもの、ストレスによるホルモンバランスの乱れからなんです。

ストレスなんてどうして? と思いますよね。ストレスがかかると男性ホルモン値がアップして、皮脂分泌を過激にしてしまうからなのですね。

ストレスは自律神経にも乱れを引き起こしますし、それに過度のストレスでにきびだけでなく精神的につらい病気にかかってしまう場合も考えられます。

にきびなどの肌トラブルが起きるのは、人間関係や仕事などの問題が起きているのが原因の場合が多いんです。

何をやっても治らなかったにきびが、ストレスと関係があると原因がわかると少しほっとしますよね。

ストレスが、にきびができる原因の1つと分かっても、ストレスを全く感じない生活など出来るわけがありませんよね。

ストレスを溜め込まないで、少しずつ自分なりのペースで解消できる方法を探しましょう。気をつけたいのは甘いものの衝動買いと、やけ食いには走らないことです。

いくらストレス解消といっても、これではにきびを増やす原因になってしまいます。

何が自分にとって、一番のごほうびなのかを考えて見ると、お金を使って買い物したり、エステで自分磨きをすると楽しい人、時間を贅沢に使うことでリラックスできる人などいます。

一人ひとり、何が快感で、何が癒されるのか違うので、自分なりのストレス解消法を見つけて、にきびを作らないような生活をしましょう。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。

TOPPAGE  TOP