病気・症状

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血は、3時間以内に治療を

病気・症状

脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)は、3時間以内に治療をすれば、回復の可能性が大きいです。

昨年8月6日、金曜日の夕方のことです。仕事から帰った私に、口と手がしびれる症状があると、女房が私に言いました。

私の父と兄が脳梗塞で逝っているので、その症状は脳梗塞だと確信しましたので、秋葉原近くの三井記念病院に、翌日の土曜日、女房をタクシーで連れて行きました。

32年も昔ですが、私はボクシングの試合で脳出血を起こしたことがあります。退院後の後遺症の検査で、三井記念病院で受診したことがあり、良い病院だと知っていましたので、迷わずに三井記念病院に連れて行きました。

脳外科を受診し、私も診察室に付き添って、× × × 先生に問診を受けましたが、× × × 先生の言葉使いに、まず驚きました。今時こんな態度の医者がいるのかと思う言葉使いと振る舞いでした。

そして、検査もしないまま、これは脳梗塞ではなく、糖尿病の症状だとおっしゃいました。検査もしないでですよ

三井記念病院での検査は、予約制なので2週間後でないと受けられないので、直ぐに受けたければ、他所を紹介するからと言うので紹介していただきました。

紹介された病院は、お茶ノ水の順天堂大学付属病院です。

110224nou500_03.jpg

翌々日の月曜日に紹介状を持って、仕事で私は付き添えないので、女房が一人でタクシーで受診に行きました。

CT(コンピュータ断層撮影)検査と、胸部の超音波診断を受け、脳梗塞との診断でした。

110224niu500_01.jpg

順天堂の先生に、三井記念病院の事を話したら、ひどい先生だなと言っていたそうです。

軽い脳梗塞なので、薬を処方(血栓溶解療法)してもらって帰って来ましたが、1ヵ月1度の診察と薬だけで大丈夫なのか、私は心配でした。

4ヵ月ちかく経った12月3日(金)、私が仕事から帰ってきて女房の後ろ姿を見たら、酔っぱらったようにふらついていましたので、これは脳梗塞の再発だと直感して、順天堂大学付属病院の救急外来へ。

何か具合に変化があれば、いつでも救急外来へ来るようにと言われていたので、救急車を待つよりタクシーの方が速いと判断して駆けつけました。

タクシーの中で嘔吐し、病院に着いて検査を受けるころには、女房のろれつが少しおかしくなっていました。

診断の結果、脳幹に少し出血があり、この場所の出血を止める方法は、まだ何の薬が効くのかは確立されていないとの先生の話でした。

110224niu500_02.jpg

何種類かの薬の名前を上げられて、どれが効くか、試してみますが、確率は分からないとのことでしたので、治療室の女房に、ヤバいそうだよ、言い残すことはと、冗談半分に、家にある重要書類などの置き場所を聞きました(笑)。


入院中に女房が先生に言われたそうです。あなたは運が良かった、夕方6時までに病院に入ったので、先生方がまだ帰らずに、沢山居らしたことが回復につながったとのことです。

12月23日、後遺症も残らずに退院できました。女房は、私にも素早い判断で病院に運んでくれたことに感謝してくれました。

順天堂大学付属病院へは、月1回の診察に行っていますが、2011年2月24日現在、体のバランスが少し良くないだけで、女房は元気に生活しています。

脳卒中は、脳の血管が詰まったり、破れたりして起こる病気です。大きく、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血の3つに分けられます。

脳梗塞は、脳の血管の内側にコレステロールなどがたまって、血管壁が厚く硬くなって、そこに血がかたまった血栓が詰まって起こるそうです。

心臓の中に出来た血のかたまりがはがれて、血液とともに脳に流れ込んで、脳の血管が詰まって起こる場合もあるそうです。

血管が詰まると、そこから先に血液が送られなくなるため、周囲の脳細胞の働きが損なわれて症状が出ます。


脳出血は、高血圧などのために脳の細い血管がもろくなり、破れて起こります。

出血した血液が固まって、それが周囲の脳細胞を傷つけたり、圧迫したりして症状が出ます。

くも膜下出血は、脳血管の枝分かれする部分にこぶが出来て、それが破裂し出血します。

出血した血液が、脳を包む膜と膜の間の空間に広がって、脳を圧迫されることで脳卒中の症状が起きます。


脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)になると、命が助かっても、重い後遺症が残ることがあります。

3時間以内に治療を受けられたら、後遺症も残らずに回復する可能性がありますので、手がしびれたり、物が二重に見えたり、足がしびれたり、普段と違った症状が起きた時は脳卒中かもと疑って、すぐに病院に駆けつけましょう。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。


緑内障・白内障は中高年に多いが早期に対処すれば治る病気

病気・症状

緑内障、白内障は、目の病気なので、中高年がいちばん気になる病気ですね。

大正2年生まれで、97歳になった母も緑内障の手術を受けましたが、入院もしないで日帰りで手術出来るのですが、一度に何人もの患者さんを椅子に座らせて、一緒に手術するのを見て驚きました。

家族で見てもらっている、近所の眼科医院の先生から、大学病院の紹介状を書いてもらって手術を受けたのです。

その大学病院の先生は、紹介状を書いてくれた先生の後輩でしたが、目の手術ではテレビでも有名な先生で、手術の患者が半年待ちの状態の、超有名な先生でした。

大学病院検査を受けたとき、その先生は、母が高齢だからということで、手術の順番を繰り上げてくれました。優しい先生でした。

その日から20日後に手術を受け、御陰さまで良く見えるようになり、今も元気に生活しています。

緑内障は、自覚症状がないまま、知らないうちに病気が進行していて、視界がどんどん狭くなってくる病気で、白内障は、眼球のレンズの部分が白く濁ってきて、しだいに目がかすみ、見えにくくなってしまう病気です。

急性の緑内障では、急激に眼圧が上昇して目の痛みや頭痛、吐き気などの激しい症状を起こし、時間が経過するほどに治りにくくなるのです。自覚症状がないので、早期発見が難しいですが、早期発見・早期治療をして病気の進行を止めないと失明してしまうそうです。

緑内障の検査は、眼圧検査、眼底検査、視野検査などで診断をされますので、定期検診などで異常があったら、必ずもう一度、眼科医の診察を受けるようにしましょう。

白内障には40代の3割が、80代以上では9割の方が治療を受けているそうです。患者数は毎年増加していて、国内には400万人ほど居るといわれて居ます。

ひと昔前では、目の手術は大変な技術でしたが、現在では日帰りの簡単な手術で治すことが出来ます。骨、内蔵、血管などの健康状態をチェックするのと同じように、40歳を過ぎたら目の健康にも気を配って生活しましょう。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。


耳鳴りが止まった

病気・症状

耳鳴りがあまりにもひどくて、毎日の生活が嫌になるほどでした。

左耳だけなのですが、耳の中でゴォ〜と音をたてていました。もう何もする事ができないほででしたが、レーザー治療で止まったのです。

10年ほど前から出現した、医療機器「スーパーライザー」ですが、このレーザー治療が問題を解決してくれました。

腰痛で訪れた、のらくろ接骨院(東京都江東区)に「スーパーライザー」が設置してありました。

腰痛治療を受けながら、耳鳴りがひどくて大変なんですと、石塚先生にお話すると、「レーザー治療は耳鳴りにも効果がありますよ」とのことなので、ワラをもつかむ思いですぐにレーザー治療を受けました。


270510miminari400_1.jpg
1回10分ほどの照射です。

270510miminari400_12.jpg
断続して照射されます。

270510miminari400_13.jpg

1週間ほどで、ゴォ〜とした音が治まってきて、シャ〜とした音に変わりました。1ヵ月過ぎた現在は、ツ〜ンとした音になっています。

耳鼻科の先生の話ですが、耳鳴りは、もう持病のような物なので、完璧には治らないそうです。また、ほとんどの人が、かすかな耳鳴りがしているそうですが、自覚するほどの音ではないので、気づかないとのことです。

生活に支障のない程の耳鳴りは、仕方のないことと割り切っていますので、なれましたので、気にしなければ耳鳴りのことは忘れていられます。

だだし、あまりにも静かな場所だと、気になるときがありますが、仕事や物事に集中していたら、耳鳴りも忘れていられますね。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。


鍼(はり)治療

病気・症状

耳鳴りがひどく、色んな治療を試していますが、鍼が耳鳴りや難聴に改善効果があるかもと試しに始めました。

101125miminari460_2.jpg

101125miminari500.jpg

突発性難聴や、慢性の難聴も改善する可能性があるそうです。

鍼灸師に対する信頼がなければ、体に針を刺す治療ですから、ちょっと気後れがしますね。

鍼治療は気を整える技術なので、鍼灸師との信頼関係がないと効果が期待出来ませんね。

針治療を受けたら、治癒反応のために副交感神経が働いて、一時的に辛くなったり、一時的にイライラする状態などの症状が出てくることもあるそうです。

良い関係の鍼灸師にめぐり合いたいですね。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。


前立腺癌と前立腺肥大症

病気・症状

前立腺は男性だけにある生殖器のひとつです。前立腺液で精子を保護して、栄養を与えています。

前立腺液は精液の一部になっていて、女性を妊娠させる為の重要な、男性の副生殖器官です。簡単に見たり触れたり出来ない場所にあるから、前立腺のことをあまり知らない人が多いですね。

一般的に前立腺の病気といえば、前立腺肥大症の方が知られています。前立腺癌とのかかわりを心配する人が多いのですが、肥大症が進んで癌になることはないのです。

肥大症は良性の腫瘍で、前立腺癌とは全く別の病気です。


高齢男性を中心に前立腺癌になる人が年々増えて来ています。50歳ころになると、前立腺に2つの病気が出来易くなってきます。前立腺肥大症と前立腺癌です。

前立腺は、膀胱の出口に尿道を取り巻くように存在し、形も大きさも栗の実によく似ている臓器ですが、若い人には病気が少ない臓器なのですね。

前立腺肥大症は、前立腺が膀胱の出口にある為に、排尿の不具合を生じさせます。夜中にトイレに行く回数が増えて困りますが、生命への影響はほとんどありません。

もう一つの前立腺癌は全く異なり、自覚症状なく進行して生命の危険に関係する病気ですね。

前立腺癌で治療を受けたり、亡くなる人が大変増えていますが、早期検査で発見して、早期治療を受ける事が出来れば、癌が治る確率が高いそうです。

他の癌と異なり、診断後にすぐ命にかかわることは少ないのですが、発見が遅れるとリンパ節や骨などに転移してしまうこともあるのです。

40歳を過ぎたら、定期的な血液検査をして早期発見を心がけましょう。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。


糖尿病の怖さは合併症

病気・症状

糖尿病の怖さは、合併症です。

高血糖の初期には、自覚症状がほとんどなく、高血糖を見逃しがちです。

高血糖を放置しておくと、全身の血管や神経がおかされながら糖尿病に移り、やがて深刻な合併症になります。

糖尿病とは、食物として取り入れられた栄養素が体の中でうまく利用されないために、血液の中に含まれるブドウ糖の量(血糖値)が異常に多くなっている状態です。

糖尿病の怖さは、まさにこの合併症にあります。

合併症とは、糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害の3つをいいます。

網膜症は失明へと進みます。
腎機能低下は腎不全から血液透析をしなくてはならなくなります。
神経障害は足の壊疽から切断をするようになります。

このように全身に、高血糖の状態が長く続くと代謝障害が慢性化し、次第に血管や神経が破壊され、全身の臓器や部位へも機能不全が広がっていきます。

適切な血糖コントロールを行い、さらに血圧やコレステロールや中性脂肪を適正に維持していれば、合併症は予防できます。

合併症がもたらす怖さを知り、毎日の食生活に気を付け、適度な運動をして体質改善をしましょう。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。


手のしびれ

病気・症状

手のしびれがある時に、口も同時にしびれる場合、脳卒中の可能性が高いそうなので要注意です。

神経の知覚異常をしびれといい、正座をした後などに、一時的な血行障害による、足のしびれは誰でも体験していますよね。

手のしびれの原因は、神経が圧迫されたことにより起きると言われていますが、シビレの症状が出ない人もいるので、すべてが神経の圧迫が原因とは言えないそうです。

目や肩の疲れ、老化や筋肉・腱などの疲労、末梢神経の圧迫、手足の血液循環が悪くなってなどのほか、頚椎がずれたりすると、手がしびれることがあるそうです。

最近、左手のしびれが、ときたまするので、友人2人にしびれないか聞いてみました。

一人は、そんなの気にするな、俺なんかいつでもびりびりしてるよ。もう一人は、首から来ているんじゃないのかな、でも心配いらない。でした。

3ヵ月前に耳鳴りの検査で、MRI(磁気共鳴画像)検査を受けましたが、その時の先生の話では、脳の血管には異常はないですねと言われています。

父と兄が、脳梗塞が原因で亡くなっています。手のしびれは、脳梗塞の前兆との話を聞いていますので、近所の神経内科医院に行って、問診を受けました。

先生の話では、脳に異常があると、手だけではなく、足にも異常が出るか、手と口が同時にしびれることが多いとの話でした。

20年ほど前に、バイクに乗っていて、後ろから車に追突されて、頚椎を痛めました。

その後遺症で、たまに首と肩に重い違和感が、天気の悪い日に出ることがありますが、そういう頸椎の古傷からも、手のしびれが出るようですね。

脳は、右脳と左脳に分かれているため、右脳に異常があると、左の手がしびれることがほとんどで、しびれる場所は、脳の異常位置によって異なるそうです。

脳梗塞のサインである「しびれ」を放置してしまうと、その後、大きな出血が起きる可能性が高いそうなので注意しましょう。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。


うつ病は心の病ではなく脳の機能が低下した体の病

病気・症状

うつ病とは、ささいな事がひどく気になり、不安でたまらず、何事も悲観的に考えてしまう、脳の機能が低下した身体の病気です。

うつ病になると、気分が落ち込む精神的な症状だけではなく、不眠とか食欲低下といった身体の症状が現れ易いことは知られていますが、痛みもでるそうです。

うつ病になりやすいタイプには、真面目で責任感が強くて、周囲の評価も高い人が、自分で頑張りすぎる人に多いですね。

心の病と言われているが、本当は身体の病気で、過剰なストレスをためてしまって、体調を崩している人が多いといわれています。

思考力、決断力が落ちて、気持ちが沈み、ささいなことが気になり、不安感が増し、何事も悲観的に考えてしまうのです。

うつ病は、セロトニン、ノルアドレナリンという脳内の神経伝達物質が欠乏して、脳の神経伝達の働きがうまくいかなくなった為に起こる病気です。

心理的な負担や環境の変化によるストレスが影響して、発症のきっかけとなります。

女性は男性よりも約2倍も、うつ病になりやすいそうです。自殺の原因の80%近くが、うつ病者が占めています。

うつ病になりやすい素因が有り、そこに心理的な負担とか、環境の変化が加わったときに、うつ病が起こってしまうのです。

うつ病は治る病気です。早期発見・早期治療が重要なのです。

うつ病は、心の風邪といわれたりしますが、風邪をひいたら風邪薬を飲んで、治ったと思ったら風邪薬を飲むのを止めますが、うつ病の薬の抗うつ薬は症状が良くなっても、ある期間はのみ続けないと、また再発してしまうのです。

うつ病は、心の病と言われていますが、本当は体の病気なのです。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。


糖尿病は自覚症状なく進行する

病気・症状

年々増え続けているのは、血糖値が少し高くても、自覚症状がほとんど現れないため、気にしないで放っておく人が多いことが、増加した理由の一つと考えられます。

血糖値が高い状態が続くと、やたらにのどが渇く、尿の量や排尿の回数が増える、疲れ易くなるなどの症状が現れてきます。

これらの症状が現れたら、糖尿病になっている可能性が多いにありますが、この段階で病気を自覚し、バランスのとれた食事や適度な運動をして、日常生活の改善を行うことで、進行を止めることも可能です。

しかし、適切な治療をしないと、足のしびれ、目のかすみ、視力の低下、食べているのに痩せるなどの、深刻な症状が現れます。

このような症状は、かなり高血糖が続いてから現れるので、早急に治療しなければなりませんね。

日本人の糖尿病患者の90パーセント以上が、インスリンの分泌量が不足したり、インスリンとしての作用が低下して、中高年以降に多く発症します。

原因としては、糖尿病の遺伝的な素因を持った人が、過食や運動不足、肥満などにより、発症すると考えられます。

健康に長生きしたいです。


耳鳴りは加齢のせいなのか

病気・症状

耳鳴りは加齢のせいなのでしょうか。
耳鳴りがするようになって、もう10年以上になります。

4年前に、左耳の耳鳴りがひどくなり、聴力が無くなってしまいました。

毎日の生活で疲れすぎたり、ストレスがたまったりして、交感神経が働きすぎて、バランスが崩れたのですが、掛かり付けの病院の耳鼻科で診察を受けました。

診断の結果、10日間程入院して、ステロイド剤の点滴治療をすすめられました。

ステロイド剤には、免疫力を無くす薬なので、病気が治らなくても10日間以上は、点滴してはいけないそうです。

入院して5日ほどで耳鳴りが止まりました。

聴こえの方も良くなってきて、10日間の入院治療で退院することが出来ましたが、普段の生活に戻って半月ほどしたら、また耳鳴りが聴こえて来ました。

現在も以前と同じように、左の耳が、耳鳴りの影響で聴力がありません。

耳鳴り関係の本を読んでみると、耳鳴りの原因には、加齢(老人性難聴)、メニエール病、高血圧症などによって耳鳴りがするそうです。
また、うつ病患者の方に、耳鳴りが強く感じる人もいるそうです。

最近増えているのは老人性難聴で、ストレス、疲労、睡眠不足などの影響で、聴覚の神経の働きが悪くなって耳鳴りがするそうです。

ストレス、疲労、睡眠不足の解消をするには、気持ちのよい汗をかく程度の、ストレッチやジョギング、サウナに入ってリラックスすることが良いそうです。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。


爪水虫の治療は、塗り薬では治らない。

病気・症状

爪水虫の治療は、塗り薬では治らないと知り、皮膚科に行きました。

水虫は、完治が難しいですね。治ったと思っていても再発することが多い病気ですね。
でも、正しい診察を受けて、適切な治療を続けていれば、完治させる事が可能な病気です。

水虫の治療は継続がだいじですね。水虫は、カビの一種である白癬菌(はくせんきん)が、皮膚の角質層に感染してなります。

水虫は、湿った環境で盛んに増殖する性質がありますので、むれた状態が続くと水虫になりやすいです。

また、最初はかゆみなどの自覚症状がなくっても、水虫になっている場合もあるので、靴や靴下を履き続ける人は注意しましょう。

水虫は、5人に1人がなっていると言われているほどに多いそうですが、以前は男性に多かったのですが、最近では若い女性にも増えているそうです。

水虫は、なる部分や症状によって、趾間(しかん)型、小水疱(しょうすいほう)型、角質増殖型、爪白癬の4つのタイプがあります。

趾間型は、足の指の間にできる水虫です。皮膚が白くふやけてジクジクして、ふやけた皮膚がむけたり赤くただれたりします。

小水疱型は、小さな水疱が足の裏にできて、水疱が破れて皮膚がむけます。夏の暑い時期に症状が出て、冬には治ります。

角質増殖型は、足の裏の皮膚が厚くかたくなります。冬にはひび割れた状態になりやすくて、あかぎれと間違われるが、かゆみはほとんどないです。

爪白癬は、皮膚にできた水虫が、爪の中に入ってしまってできた水虫です。爪が厚くなり、ボロボロとかけたり、白色や黄色に濁ったりします。

水虫は、毎日薬をつけ続けると治りますが、爪水虫は、病院での治療が必要です。現在、私は爪水虫の治療中なのですが、完治には、爪が完全に生え変わる1年を要するそうです。

治療前の写真です。
tume480_1.jpg

1週間、飲み薬を飲んで、2週間休み、また1週間、飲み薬を飲んで、2週間休を3回続けました。

3回薬を飲み終えた、治療後2ヵ月後の写真です。
tume480_2.jpg
黄色に濁った爪が少なくなっています。

1年間、血液の中に薬が残っていて、爪が生え変わるのを待ってます。

半年後には、完全に生え変わっていると思います。また報告します。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。


TOPPAGE  TOP