手のしびれ

手のしびれがある時に、口も同時にしびれる場合、脳卒中の可能性が高いそうなので要注意です。

神経の知覚異常をしびれといい、正座をした後などに、一時的な血行障害による、足のしびれは誰でも体験していますよね。

手のしびれの原因は、神経が圧迫されたことにより起きると言われていますが、シビレの症状が出ない人もいるので、すべてが神経の圧迫が原因とは言えないそうです。

目や肩の疲れ、老化や筋肉・腱などの疲労、末梢神経の圧迫、手足の血液循環が悪くなってなどのほか、頚椎がずれたりすると、手がしびれることがあるそうです。

最近、左手のしびれが、ときたまするので、友人2人にしびれないか聞いてみました。

一人は、そんなの気にするな、俺なんかいつでもびりびりしてるよ。もう一人は、首から来ているんじゃないのかな、でも心配いらない。でした。

3ヵ月前に耳鳴りの検査で、MRI(磁気共鳴画像)検査を受けましたが、その時の先生の話では、脳の血管には異常はないですねと言われています。

父と兄が、脳梗塞が原因で亡くなっています。手のしびれは、脳梗塞の前兆との話を聞いていますので、近所の神経内科医院に行って、問診を受けました。

先生の話では、脳に異常があると、手だけではなく、足にも異常が出るか、手と口が同時にしびれることが多いとの話でした。

20年ほど前に、バイクに乗っていて、後ろから車に追突されて、頚椎を痛めました。

その後遺症で、たまに首と肩に重い違和感が、天気の悪い日に出ることがありますが、そういう頸椎の古傷からも、手のしびれが出るようですね。

脳は、右脳と左脳に分かれているため、右脳に異常があると、左の手がしびれることがほとんどで、しびれる場所は、脳の異常位置によって異なるそうです。

脳梗塞のサインである「しびれ」を放置してしまうと、その後、大きな出血が起きる可能性が高いそうなので注意しましょう。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。

TOPPAGE  TOP