糖尿病は自覚症状なく進行する

年々増え続けているのは、血糖値が少し高くても、自覚症状がほとんど現れないため、気にしないで放っておく人が多いことが、増加した理由の一つと考えられます。

血糖値が高い状態が続くと、やたらにのどが渇く、尿の量や排尿の回数が増える、疲れ易くなるなどの症状が現れてきます。

これらの症状が現れたら、糖尿病になっている可能性が多いにありますが、この段階で病気を自覚し、バランスのとれた食事や適度な運動をして、日常生活の改善を行うことで、進行を止めることも可能です。

しかし、適切な治療をしないと、足のしびれ、目のかすみ、視力の低下、食べているのに痩せるなどの、深刻な症状が現れます。

このような症状は、かなり高血糖が続いてから現れるので、早急に治療しなければなりませんね。

日本人の糖尿病患者の90パーセント以上が、インスリンの分泌量が不足したり、インスリンとしての作用が低下して、中高年以降に多く発症します。

原因としては、糖尿病の遺伝的な素因を持った人が、過食や運動不足、肥満などにより、発症すると考えられます。

健康に長生きしたいです。

TOPPAGE  TOP