糖尿病の怖さは合併症

糖尿病の怖さは、合併症です。

高血糖の初期には、自覚症状がほとんどなく、高血糖を見逃しがちです。

高血糖を放置しておくと、全身の血管や神経がおかされながら糖尿病に移り、やがて深刻な合併症になります。

糖尿病とは、食物として取り入れられた栄養素が体の中でうまく利用されないために、血液の中に含まれるブドウ糖の量(血糖値)が異常に多くなっている状態です。

糖尿病の怖さは、まさにこの合併症にあります。

合併症とは、糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害の3つをいいます。

網膜症は失明へと進みます。
腎機能低下は腎不全から血液透析をしなくてはならなくなります。
神経障害は足の壊疽から切断をするようになります。

このように全身に、高血糖の状態が長く続くと代謝障害が慢性化し、次第に血管や神経が破壊され、全身の臓器や部位へも機能不全が広がっていきます。

適切な血糖コントロールを行い、さらに血圧やコレステロールや中性脂肪を適正に維持していれば、合併症は予防できます。

合併症がもたらす怖さを知り、毎日の食生活に気を付け、適度な運動をして体質改善をしましょう。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。

TOPPAGE  TOP