老人医学と老化

認知症の症状は抑えられないのか?

老人医学と老化

認知症にならない生活、認知症になりたくないという意識が大切だと言いますが、なかなか大変なことです。

アルツハイマー型認知症の症状をもつ義母が、100歳を迎えることが出来ましたが、認知症は昨年よりも進行しました。
母の介護と車椅子での散歩風景・認知症が進む100歳の義母

認知症の進行が止まると言われている薬を、病院で処方されて飲んでいますが、やはり超高齢者だからなのか、かなり悪くなっています。

加齢によるもの忘れは思い出すことが出来ますが、認知症によるもの忘れは、介護する者にとって大変な病気です。家族の名前、顔を忘れて、私のことをお兄さんと呼びます。

住んでいる所は自分の家ではなくて、病院か介護ホームのように思っているようで、早く家に帰りたいといつも言っています。

18年前に亡くなった父も我が家に居ながら、早く家に帰ろうよと言っていました。その当時はボケたと思っていて、病気だとは知りませんでした。

認知症は、たった今の記憶がすぐに無くなるのです。食事中に疲れて休憩したりすると、もう食べていることを忘れています。そして、食べたのを忘れて、今日は朝から何も食べさせてもらってないと言い出します。

「今、食事の支度してるところです」と言って気を紛らせると、じきに食べることを忘れてしまうのですが、毎日の事なので、つい感情が入り「さっき食べたばかりでしょ!」とキツく言ってしまいます。

認知症患者に対して、否定してはダメだと言われます。優しさに欠ける私は「違うでしょ!」と声を荒げてしまい、感情の制御が出来ない自分が嫌になります。

認知症にならない生活を過ごすには、熱中できることをするのが良いそうです。もう遅いですが、字を書かせたりしてます。
母の介護と車椅子での散歩風景・認知症の予防

認知を辞書で引くと「ある事柄をはっきりと認めること」と書いています。何もかも認知が出来ないのが認知症です。人間の記憶力は、自然な老化とともに衰えていきます。

注意してほしいのは、加齢による、"もの忘れ"と、病気で起きる"もの忘れ"は、全く違うと言うことです。

若い時に好きだった、趣味に取り組むのも良いですし、家族と一緒に過ごしたり、軽い運動をするのも効果的があります。

また食べることは、顎の運動になり、脳を活性化します。毎日、ガムを噛むのも、脳に刺激を与えるので良いですね。

若さと元気を保つためには、青魚と緑黄色野菜を食べましょう。塩分を控えめに、バランスの良い食事を心がけたいです。

青魚は、血液中のコレステロールや中性脂肪を低下させ、血液が凝固しにくくなるため、血栓や動脈硬化を抑え血管と脳の若さを保つ働きをします。

緑黄色野菜のニンジンやピーマンなどは、細胞の酸化を抑え老化防止に効果があります。
これからの永い人生を、健康に暮らしていく為に、認知症にならない生活をしましょう。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。


緑内障・白内障は中高年に多いが早期に対処すれば治る病気

老人医学と老化

緑内障、白内障は、目の病気なので、中高年がいちばん気になる病気ですね。

大正2年生まれで、97歳になった母も緑内障の手術を受けましたが、入院もしないで日帰りで手術出来るのですが、一度に何人もの患者さんを椅子に座らせて、一緒に手術するのを見て驚きました。

家族で見てもらっている、近所の眼科医院の先生から、大学病院の紹介状を書いてもらって手術を受けたのです。

その大学病院の先生は、紹介状を書いてくれた先生の後輩でしたが、目の手術ではテレビでも有名な先生で、手術の患者が半年待ちの状態の、超有名な先生でした。

大学病院検査を受けたとき、その先生は、母が高齢だからということで、手術の順番を繰り上げてくれました。優しい先生でした。

その日から20日後に手術を受け、御陰さまで良く見えるようになり、今も元気に生活しています。

緑内障は、自覚症状がないまま、知らないうちに病気が進行していて、視界がどんどん狭くなってくる病気で、白内障は、眼球のレンズの部分が白く濁ってきて、しだいに目がかすみ、見えにくくなってしまう病気です。

急性の緑内障では、急激に眼圧が上昇して目の痛みや頭痛、吐き気などの激しい症状を起こし、時間が経過するほどに治りにくくなるのです。自覚症状がないので、早期発見が難しいですが、早期発見・早期治療をして病気の進行を止めないと失明してしまうそうです。

緑内障の検査は、眼圧検査、眼底検査、視野検査などで診断をされますので、定期検診などで異常があったら、必ずもう一度、眼科医の診察を受けるようにしましょう。

白内障には40代の3割が、80代以上では9割の方が治療を受けているそうです。患者数は毎年増加していて、国内には400万人ほど居るといわれて居ます。

ひと昔前では、目の手術は大変な技術でしたが、現在では日帰りの簡単な手術で治すことが出来ます。骨、内蔵、血管などの健康状態をチェックするのと同じように、40歳を過ぎたら目の健康にも気を配って生活しましょう。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。


歯槽膿漏(歯周病)の治療してます。

老人医学と老化

歯槽膿漏(歯周病)の治療に、東京医科歯科大学歯学部付属病院に行きました。

110127ikasika500.jpg

110127sigaku470_01.jpg

女房が、昨年からお茶の水にある東京医科歯科大学歯学部付属病院(東京都文京区湯島1-5-45)に通院していましたが、12月3日に脳梗塞になって、医科歯科大学の隣にある順天堂に入院しました。

20日ほどで無事に退院しましたが、まだふらついていて一人では出歩けない状態なので、医科歯科大学病院まで付き添いました。

せっかく歯医者さんに行くのだから、あなたも診てもらったらとの女房の言葉に、歯周病で長年診てもらっている家の近所の歯医者さんには、自分の手入れしか治す方法がないと言われていたのであきらめていましたが、大学病院なら違う治療でもしてくれるかなと思って、先週6日に私も診てもらいました。


診察の方法には二通りあり、月1回の通院治療か、診察時間がかかるが、週1回以上診てもらえる方法があるとの説明受けて、後者を選びました。

東京医科歯科大学 歯学部付属病院の4階は、歯医者さんの教室です。その生徒さんの勉強の為のモルモットになるのです(笑)。

生徒さんが診て、その後に先生の見立があるので時間がかかりますが、治療は大丈夫とのことです。

110113haisya500_01.jpg
コップを手に持ってボタンを押さないと、水が出ないレトロなうがい器具です。


私が診てもらった学生さんは、今年6年生の静岡県出身のOさんでした。
来年卒業予定だそうですが、その後、どこで実習を受けるかまだ決めていないそうです。頑張って下さい。

口臭が気になる。歯ぐきが腫れる。歯ぐきが下がって歯がしみる。食べ物が歯にはさまるようになる。実はこれが歯周病の注意信号だそうです。


*********************************


1週間後の今日13日、9時から2度目の治療を受けました。今日の治療は午前中の3時間です。

レントゲンを撮るので、Oさんに付いてレントゲン室まで行きましたが、レントゲン室の先生に9時半から予約は無いって言われていました。

Oさん、日付を間違えて昨日の予約に書き込んでしまったようです(笑)。10時半からのレントゲンの予約をして、歯周ポケットの検査を受けました。

ポケットとは、目に見えない歯茎の汚れが溜まった溝です。細い針の先のような道具で、先端から1ミリ単位のメモリが付いているポケット探針器具で、ポケットをの深さを測定します。

歯周病の治療は、このポケット内にある歯垢や歯石を取り除き、歯茎の炎症を抑えて引き締め、これ以上の歯槽骨が溶けてなくなるのを止める治療なのです。

10時半になり、レントゲンを撮りに行きました。レントゲン撮影も学生さんがセットして先生のチェックを受けてからの撮影です。
6枚撮りましたが、1回ごとに先生が確認しながらの撮影でした。

現在の歯医者さんのレントゲン撮影はデジタルですが、アナログの機械でした。


レントゲンの後は、歯の模型を作るので歯形を取りました。

110113haisya500_02.jpg

先生のチェックを受けましたが、ダメでした。私の口にも特徴があって取りにくい口だそうです。
二度失敗して、次回になりました。次回まで学生同士で練習しますとのことでした。

110113haisya500_03.jpg

次回は1月27日の9時からです。
Oさん、頑張ってね。Oさんは24歳の女性です。

*********************************

歯周病とは、プラーク(歯の表面に付いた細菌などの集塊。歯垢(しこう))による、感染症です。

35歳以上の成人の80%以上の人がかかっているそうです。

歯周病の初期にはほとんど自覚症状がないのですが、治療しないままでいると、歯を抜かなければならなくなります。

しかし、歯石除去などの早期処置が出来れば、完治は可能だそうです。

1日1回は、しっかりと上手な歯磨きをして、健康に長生きしたいです。


前立腺癌と前立腺肥大症

老人医学と老化

前立腺は男性だけにある生殖器のひとつです。前立腺液で精子を保護して、栄養を与えています。

前立腺液は精液の一部になっていて、女性を妊娠させる為の重要な、男性の副生殖器官です。簡単に見たり触れたり出来ない場所にあるから、前立腺のことをあまり知らない人が多いですね。

一般的に前立腺の病気といえば、前立腺肥大症の方が知られています。前立腺癌とのかかわりを心配する人が多いのですが、肥大症が進んで癌になることはないのです。

肥大症は良性の腫瘍で、前立腺癌とは全く別の病気です。


高齢男性を中心に前立腺癌になる人が年々増えて来ています。50歳ころになると、前立腺に2つの病気が出来易くなってきます。前立腺肥大症と前立腺癌です。

前立腺は、膀胱の出口に尿道を取り巻くように存在し、形も大きさも栗の実によく似ている臓器ですが、若い人には病気が少ない臓器なのですね。

前立腺肥大症は、前立腺が膀胱の出口にある為に、排尿の不具合を生じさせます。夜中にトイレに行く回数が増えて困りますが、生命への影響はほとんどありません。

もう一つの前立腺癌は全く異なり、自覚症状なく進行して生命の危険に関係する病気ですね。

前立腺癌で治療を受けたり、亡くなる人が大変増えていますが、早期検査で発見して、早期治療を受ける事が出来れば、癌が治る確率が高いそうです。

他の癌と異なり、診断後にすぐ命にかかわることは少ないのですが、発見が遅れるとリンパ節や骨などに転移してしまうこともあるのです。

40歳を過ぎたら、定期的な血液検査をして早期発見を心がけましょう。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。


認知症にならない生活

老人医学と老化

認知症にならない生活をしたいですね。予防には、日常生活で認知症になりたくないという、意識が大切です。

そして予防方法を継続して実践することで、効果が出て来ます。大切なのは、予防方法を正しく継続する生活と、やる気ですね。

人の名前を思い出せなかったり、体験を瞬間的に忘れてしまったりと、もの忘れの経験は、若い人でもありますよね。

歳をとれば、忘れっぽくなるのも当たり前です。人間の記憶力は、自然な老化とともに衰えていきます。

注意してほしいのは、加齢による、"もの忘れ"と、病気で起きる"もの忘れ"は、全く違うと言うことです。

加齢による"もの忘れ"は病気ではありませんが、心配なのは、病気による"もの忘れ"です。

認知症にならない生活を過ごすには、好きで熱中できることを探しましょう。

若い時に好きだった、趣味に取り組むのも良いですし、家族と一緒に過ごしたり、軽い運動をするのも効果的があります。

また食べることは、顎の運動になり、脳を活性化します。毎日、ガムを噛むのも、脳に刺激を与えるので良いですね。

若さと元気を保つためには、青魚と緑黄色野菜を食べましょう。塩分を控えめに、バランスの良い食事を心がけたいです。

青魚は、血液中のコレステロールや中性脂肪を低下させ、血液が凝固しにくくなるため、血栓や動脈硬化を抑え血管と脳の若さを保つ働きをします。

緑黄色野菜のニンジンやピーマンなどは、細胞の酸化を抑え老化防止に効果があります。

これからの永い人生を、健康に暮らしていく為に、認知症にならない生活をしましょう。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。


脱毛と育毛と老化

老人医学と老化

脱毛の原因は、男性と女性で違いが有ります。

男性は遺伝の影響が大きいく、女性は老化や生活習慣の影響が原因です。

男性も女性も、脱毛の大きな原因には、遺伝と環境にあります。

特に男性の場合は、女性よりも遺伝の影響が大きいようです。

人の頭髪は約10万本ですが、毎日50〜100本が生え変わっていますので、この範囲の抜け毛では正常であり、自然脱毛なんですね。

男性型脱毛症は、前頭部から髪が薄くなるのと、頭頂部から薄くなるのがほとんどです。

前頭部は、男性ホルモンの影響で、頭頂部は、老化や生活習慣の影響で薄くなります。

女性は、頭頂部を中心に、全体的に頭髪が薄くなることが多く、老化や生活習慣の乱れによる、毛根への栄養不足が原因ですね。

男性用育毛剤には、男性ホルモンを抑制する成分を中心に、栄養剤的作用を持つ成分や、血流改善作用の成分が含まれています。

女性の場合、男性ホルモンが少ないので、男性ホルモンを抑制する成分よりも、老化による、栄養不足に作用する成分が多い方が、効果は高いといえます。

紫外線を浴びると、髪内部のタンパク質構造が崩れ、キューティクルがはがれやすくなり、その間から水分が蒸発していき、髪がパサついてきます。

外からの手入れと、体の中への栄養を取ることで、体がより健康になり、髪の毛が生えやすい環境になります。

頭皮の血行を良くし、毛を造る細胞を活性化するなどの、効果がある、育毛剤の選択も大切です。

健康に長生きしたいです。

睡眠薬とウツにさようなら!眠れない不安を解消し短くても深くぐっすり眠る方法


TOPPAGE  TOP