脱毛と育毛と老化

脱毛の原因は、男性と女性で違いが有ります。

男性は遺伝の影響が大きいく、女性は老化や生活習慣の影響が原因です。

男性も女性も、脱毛の大きな原因には、遺伝と環境にあります。

特に男性の場合は、女性よりも遺伝の影響が大きいようです。

人の頭髪は約10万本ですが、毎日50〜100本が生え変わっていますので、この範囲の抜け毛では正常であり、自然脱毛なんですね。

男性型脱毛症は、前頭部から髪が薄くなるのと、頭頂部から薄くなるのがほとんどです。

前頭部は、男性ホルモンの影響で、頭頂部は、老化や生活習慣の影響で薄くなります。

女性は、頭頂部を中心に、全体的に頭髪が薄くなることが多く、老化や生活習慣の乱れによる、毛根への栄養不足が原因ですね。

男性用育毛剤には、男性ホルモンを抑制する成分を中心に、栄養剤的作用を持つ成分や、血流改善作用の成分が含まれています。

女性の場合、男性ホルモンが少ないので、男性ホルモンを抑制する成分よりも、老化による、栄養不足に作用する成分が多い方が、効果は高いといえます。

紫外線を浴びると、髪内部のタンパク質構造が崩れ、キューティクルがはがれやすくなり、その間から水分が蒸発していき、髪がパサついてきます。

外からの手入れと、体の中への栄養を取ることで、体がより健康になり、髪の毛が生えやすい環境になります。

頭皮の血行を良くし、毛を造る細胞を活性化するなどの、効果がある、育毛剤の選択も大切です。

健康に長生きしたいです。

睡眠薬とウツにさようなら!眠れない不安を解消し短くても深くぐっすり眠る方法

TOPPAGE  TOP