認知症にならない生活

認知症にならない生活をしたいですね。予防には、日常生活で認知症になりたくないという、意識が大切です。

そして予防方法を継続して実践することで、効果が出て来ます。大切なのは、予防方法を正しく継続する生活と、やる気ですね。

人の名前を思い出せなかったり、体験を瞬間的に忘れてしまったりと、もの忘れの経験は、若い人でもありますよね。

歳をとれば、忘れっぽくなるのも当たり前です。人間の記憶力は、自然な老化とともに衰えていきます。

注意してほしいのは、加齢による、"もの忘れ"と、病気で起きる"もの忘れ"は、全く違うと言うことです。

加齢による"もの忘れ"は病気ではありませんが、心配なのは、病気による"もの忘れ"です。

認知症にならない生活を過ごすには、好きで熱中できることを探しましょう。

若い時に好きだった、趣味に取り組むのも良いですし、家族と一緒に過ごしたり、軽い運動をするのも効果的があります。

また食べることは、顎の運動になり、脳を活性化します。毎日、ガムを噛むのも、脳に刺激を与えるので良いですね。

若さと元気を保つためには、青魚と緑黄色野菜を食べましょう。塩分を控えめに、バランスの良い食事を心がけたいです。

青魚は、血液中のコレステロールや中性脂肪を低下させ、血液が凝固しにくくなるため、血栓や動脈硬化を抑え血管と脳の若さを保つ働きをします。

緑黄色野菜のニンジンやピーマンなどは、細胞の酸化を抑え老化防止に効果があります。

これからの永い人生を、健康に暮らしていく為に、認知症にならない生活をしましょう。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。

TOPPAGE  TOP