高血圧と高血糖について

高血圧とは、高い血圧が毎日続くことで、そのまま放っておくと血管や臓器に障害が起きる病気になります。

血圧は、心臓が血液を送り出すときにかかる血管内の圧力のことで、心臓が収縮して血液を送りだすときを、最大血圧、心臓が拡張したときを、最小血圧としています。

最も好ましい値は120mmHg/80mmHgですが、収縮期血圧が130mmHg、拡張期血圧は85mmHg以上という範囲内であれば正常血圧です。高血圧は自覚症状があまりないために、気づきにくい厄介な病気ですので、気をつけましょう。

高血圧のまま、何も治療しないでいると動脈硬化が進んで、その結果、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる病気になってしまいます。

日本人は世界中でみても、高血圧の人が多く、伝統的に食べ続けている漬物、梅干、魚の干物や塩焼きなどの食生活がその原因と考えられます。食事などで食塩などの塩分の過剰摂取に気をつけましょう。

高血圧の原因は、色々考えられて、1つに断定できませんが、両親からの遺伝もあると言われますし、食事や、ストレスなどからの日常生活も原因の1つになっていますね。

高血糖は、血液中のブドウ糖が高くなることで、色々な病気をへいはつする危険性がありますが、高血糖から発病する病気として最も有名なのは、糖尿病です。

血液の中には、一定量のブドウ糖が溶けていて、それがエネルギーとして使われるのですが、この糖の濃度は、インスリンなどのホルモンによってコントロールされています。

このインスリンがうまく働かなくなると、血糖の量が多くなっていきます。これが高血糖で、慢性化すると糖尿病となるのです。

高血糖の人が肥満になると、血中のインスリンが効きにくくなってしまい、肥満と高血糖はメタボリックシンドロームと診断されるのです。

血糖値が上がる原因はさまざまあり、過食、ストレス、運動不足などもあげられます。

あまり自覚症状というものはないのですが、のどが渇きやすい、疲労感がある、目がかすむ、夜間に尿の回数が増えるなどの症状があったら、糖尿病の危険性があります。

高血圧、高血糖に注意して、メタボリックシンドロームにならないようにしましょう。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。

TOPPAGE  TOP