尿の出が良くなる あさり

尿の出が悪くなったと感じたのは、50歳になった頃でしたね。

発汗で体内の水分が減ったり、または、水分の摂取量が少ないと、尿量が減って、尿が出にくくなりますね。

尿の出が悪くなるのは、膀胱の筋肉が衰えて、排尿するために必要な、膀胱の圧力が減るからです。

残尿感、頻尿等の症状があったら、前立腺肥大を疑ったほうがいいですね。

腎臓に異常がある時も、尿の出が悪くなることがありますし、手足や顔にむくみが生じたら、病院で検査をしたほうがいいですよ。

血尿があったら、前立腺ガンになっている可能性もあるので、要注意です。

民間療法のひとつに、尿の出を促する食品と知られているのが、あさりです。
尿の出が悪いと感じる人にお勧めです。

朝食や夕食に、みそ汁やスープなどに入れたり、または酒蒸しなどにして食べてみては。

ただし、腎臓は尿の出をつかさどる器官なので、腎臓に負担をかけない ように、塩分の摂り過ぎに注意して、薄味にして食べよう。

昆布を加えれば、うま味を引き出すので、薄味でもおいしく食べられますね。

あさりは、 尿の出がよくなるのと、顔のむくみも取ってくれるそうですよ。

健康に長生きしたいです。

TOPPAGE  TOP