メタボ

皮下脂肪と内臓肥満について

メタボ

肥満には「皮下脂肪型」と「内臓脂肪型」とがありますが、メタボリックシンドロームは「内蔵脂肪型」の肥満の場合、予備軍もしくはメタボにかかっている危険性があります。

内臓脂肪型の肥満は、中年以降の男性に多いといわれていて、下半身より、お腹周りを中心に全体的にぽっちゃりしている体型なのです。 またビール腹ともいわれますが、ウエストがどーんと前に出ている肥満体型です。

皮下脂肪がつきやすいのは男性よりも女性のほうですね。脂肪は付きにくいのですが、一度付くとなかなか落ちないのでやっかいです。

メタボは、内臓脂肪型肥満の人たちがほとんどと考えられていますが、女性の場合は、皮下脂肪がつくとともに内臓脂肪も付きやすくなるので注意が必要ですね。

皮下脂肪は下半身、特に下腹、お尻、太ももにとつきやすい脂肪なのです。洋ナシ型肥満とも言われますね。

皮下脂肪は、人間にとってはある程度必要なものなので、少なすぎるのも健康的とはいえないです。

お腹だけがぽっこり出ている人は要注意だといえます。 内臓脂肪は付きやすいが、また落ちやすいのが特徴なので、すこし注意していけばすぐに改善していけます。

気になったときこそ、メタボリックシンドロームをしっかりと理解するチャンスなので、改善しましょうね。


病気をしないで、健康に長生きしたいです。


メタボリックシンドロームのチェック

メタボ

メタボリックシンドロームになっていたら心配ですね。メタボの診断基準をチェックしてみました。

最初に、ウエストの周囲径を測って(ウエストの一番細いところではなく、へその高さの部分の周りを測る)、男性では85cm以上、女性では90cm以上ある場合は内臓脂肪が蓄積されているそうです(身長は問わない)。このサイズ以上の方は、男女ともに内臓脂肪が10㎠以上にもなるそうです。

メタボリックシンドロームが危険であるというのは、高血圧、高血糖の病気が合併して発症するということで、動脈硬化や心臓血管系などの、命を脅かす病気になるという点からなのです。

メタボリックシンドロームは、健康診断などで血圧や血液検査をしないと数値がわからないので、自分がメタボなのか、わからないという人が多いそうです。

40歳未満の人は、健康診断でも検査項目にも含まれていないので生活習慣をチェックして、メタボの危険因子がないか調べてみましょうね。

次のうちで、いくつ当てはまる項目があるでしょうか。

1 おへその周りを計って、男性85cm以上、女性90cm以上になる。
2 いつも食事をお腹いっぱいになるまで食べる。
3 甘いもの、塩辛いものなどの、味付けの濃いものが好き。
4 特に揚げ物、肉が好き。
5 夕食が遅いときが多く、朝食は食べないことが多い。
6 1日に1万歩は歩いていない。
7 間食をする、または家に買い置きがある。
8 定期的に運動していない。
9 最近体重を計っていない。
10 食事のとき、野菜を食べるようにするなどの意識していない。

この中で、0〜1個の人はメタボリックシンドローム安全圏です。

2〜4個の人は、メタボリックシンドローム警戒圏です。体重を計っていないとか、意識して食事のメニューを考えていない人は一気に進行する可能性があります。

5〜7個の人は、メタボの予備軍になるそうです。今すぐ生活を改善したほうがいいでしょう。

8個以上の方は、完全にメタボリックシンドロームになるそうです。病院での診断を早急に受けて、毎日の生活の改善をする必要があります。

ウエストの周りを計って、メタボかもと思ったらダイエットが一番ですね。

ダイエットは生活習慣の全体を見直す必要があります。遅い時間に食べたり、アルコールの過度の摂取など、過食などをそのまま放置して、運動だけをいくら頑張ってもやせないですね。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。


メタボリックシンドロームとは

メタボ

メタボリックシンドロームは英語で、日本語では代謝症候群と訳しますが、メタボと言うことのほうが多くなっていますね。

メタボリックシンドロームというのは、内臓脂肪型肥満の人が高血糖や、高脂血症または高血圧を合併した状態のことをいう病気なのです。

動脈硬化を引き起こし、さまざまな重症の病気を引き起こす原因ともなりますし、今までも肥満症、高血圧など、それぞれの病気が位置づけられているのです。

ところが、一つ一つが独立した病気ではなく、肥満、特に内臓に蓄積された内蔵脂肪型肥満が原因となって、いろいろな病気を引き起こしていることがわかってきました。

日本では、2006年に「メタボリックシンドローム」が流行語大賞を受賞して、一般に認知されるようになってきたのです。

2008年4月から、医療制度改革のひとつとして、会社や地域で行われてきた健康診断が、「メタボリックシンドロームの、予防と改善」を目指しておこなわれることになったのです。

そのもとになったのが、2004年4月に発足したメタボリックシンドローム診断基準検討委員会で、討論を重ねた日本における診断基準を決定したのです。

世界でもWHOやアメリカなどで診断基準が設定されているのです。 このように、国や地域によって基準が違うのは、生活習慣や、人種などの違いを考えなければならないのだと思います。

生活習慣病は、生活習慣が大きな原因の1つとして考えられる病気の総称ですね。この生活習慣病に、肥満を併発している場合には、メタボと診断されます。

具体的には糖尿病、脂質代謝異常症、高血圧症などがありますが、特にこの3つの症状は自覚症状があまり出ない場合が多くてそのままにしてしまっている人が多いのです。

その結果、動脈硬化や心疾患を引き起こすので、現在の日本人の死亡原因である、がん、脳疾患、心臓病も生活習慣と大きな関わりがあることが分かってきたのです。

生活習慣病にかかる人が多いのは、30代から40代位ですが、最近では食生活の大きな変化や、運動不足などから、子供の糖尿病患者が急増しているそうです。

メタボリックシンドロームを引き起こさないためにも、日頃からの生活習慣を気をつけて、見直すようにしましょう。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。


メタボリックシンドロームの検診

メタボ

メタボリックシンドローム検診は、2008年4月から始まったそうです。

通称、メタボ検診といわれていますが、正式名称は「特定健康診査」および「特定保健指導」と言うそうです。

40歳から74歳の保険加入者が対象で、全国の市町村で導入される健康診断の一環で行なわれ、糖尿病、高血圧の生活習慣病予防を目的としています。

検査項目は全部で7つあり、1つ目は、問診で、生活習慣・行動習慣を問うものです。

2つ目は、診察で、CTスキャンなどを撮った場合に、はそれを見ながら説明を受けるます。

3つ目は、身体測定です。身長、体重、腹囲、肥満度、BMIを計ります。

4つ目は、血圧測定です。メタボリックシンドロームの診断基準の1つともなる重要なものです。

5つ目は、血液検査です。中性脂肪、HDL・LDLコレステロール、GOT・GPT、y−GTP、血糖、HbA1cの数値を出します。

6つ目は、尿検査です。尿糖、尿タンパクの有無を調べます。

7つ目は、病院や医師の判断で行う検査で心電図、貧血検査、眼底検査などの項目があります。

この健康診断で、メタボリックシンドロームと診断された場合には、医師、保健師、管理栄養士などの専門家による「特定保険指導」をとるように指導されます。

大きなな病気にかかる前に、病気になりそうな人を早期発見して指導することが目的になって行なわれます。メタボ検診で出た結果を元にして、生活習慣を見直し、これからの生活を一緒に見直して、生活していこうというものです。

指導によって対象者自身が、具体的な目標を立てられるように指導・支援していきます。 2012年度末までは、保健指導の実務経験のある看護師も、メタボリックシンドロームの保健指導を行うことができるのです。

メタボ予備軍と診断された人には、動機付け支援を行っていきます。 個人またはグループで行い、メタボの知識や、対象者に及ぼす影響などを理解します。

動機付け支援にプラスして、定期的また継続的に支援を行っていくことで、行動目標を修正しながら、メタボの改善をはかっていくものなのです。

この支援には2つのタイプがあって、1つは「積極的関与タイプ」です。行動計画の実施状況を確認し、実践的な指導を継続します。

もうひとつのタイプは「励ましタイプ」です。こちらは、ほめたり励ましたりしながら、支援していきます。6ヶ月で設定した行動目標が達成できているか、生活習慣の改善ができたか、そうして身体的にメタボリックシンドロームが改善されているかなどの確認をしていきます。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。


メタボリックシンドローム改善には食事に気をつける

メタボ

メタボリックシンドローム予防のためには、運動と食事の改善ですね。外食が中心の食生活だと、揚げ物を避けていても、油を使った料理は以外と多いし、どのくらい使われているのかわかりません。

油で炒めるチャーハン、焼きそば、餃子などは油がたくさん使われている可能性がありますね。 青魚の秋刀魚、さば、ぶりなどは脂が乗っているというぐらいですから、カロリーは高めです。

人間の身体は、血糖値が下がると空腹を感じます。逆に血糖値が上がると満腹感を感じるようになっています。 満腹感を感じて、ゆっくりと血糖値を上げ、だんだん下がってきたら次の食事でまた血糖値を上げます。

この間は、だいたいで5〜6時間くらいになります。 時間がなかったら、間でおにぎりだけ食べて、後でおかずを食べればいいので、この血糖値をポイントにしてみましょう。

代謝を上げるために有効な、ミネラルにもに注目していきましょう。 私たちの身体を正常に維持していくためには、5大栄養素をバランスよく摂取する必要があるのです。

エネルギー源となる、タンパク質・脂肪・炭水化物の3大栄養素に、身体の機能維持や調整・抵抗力をつける、ビタミン・ミネラルを加えた5大栄養素です。 ミネラルは、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛です。

ミネラルは体内で作り出すことができないので、食べ物や飲み物から取ります。 日常の食事では、なかなか補給しにくい成分ですが、牛乳やヨーグルトなどで上手に摂りましょう。

亜鉛は玄米、雑穀など未精製の穀物に多く含まれています。最近はご飯だけでなくパンにも玄米パンがあるので、全粒粉パスタなどを進んで選びましょう。

精製度の低い食品は、慣れるまでは食べにくいと感じますが、よく噛んで味わうと独特のうまみを感じます。噛み応えがあるので、自然とかむ回数が増えます。

消化と吸収に時間がかかるので、内臓脂肪に変わりにくいので、ぜひ食生活に取り入れるようにしましょう。

ここまで食事管理ができるようになると、メタボリックシンドロームと診断された人も、血液検査や、ウエスト周りのサイズは良くなっているでしょう。

メタボリックシンドロームの予防、生活習慣病の予防のためにも、食事管理を続けていきましょう。同時にエクササイズもやっていきましょう。

食事バランスで、もっとも重要なのが野菜ですね。野菜を多く摂取しょう。 野菜は生のままだと、かさが多くて、食べられませんね。 まして毎日となると大変なので、スープを大量に作ってストックするとか、野菜ジュースで野菜を摂りましょう。メタボ解消のためには、野菜を中心とした献立を考えましょう。

アルコールはどれでも高カロリーで、飲むと食欲が増してきますね。肝臓に負担をかけないためには、休肝日を置いたら良いですよね。 でも飲まない日以外に、がぶがぶ飲んだりしたら逆に飲みすぎです。 できれば平均して、少しずつ減らしていきたいですね。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。


TOPPAGE  TOP