メタボリックシンドロームの検診

メタボリックシンドローム検診は、2008年4月から始まったそうです。

通称、メタボ検診といわれていますが、正式名称は「特定健康診査」および「特定保健指導」と言うそうです。

40歳から74歳の保険加入者が対象で、全国の市町村で導入される健康診断の一環で行なわれ、糖尿病、高血圧の生活習慣病予防を目的としています。

検査項目は全部で7つあり、1つ目は、問診で、生活習慣・行動習慣を問うものです。

2つ目は、診察で、CTスキャンなどを撮った場合に、はそれを見ながら説明を受けるます。

3つ目は、身体測定です。身長、体重、腹囲、肥満度、BMIを計ります。

4つ目は、血圧測定です。メタボリックシンドロームの診断基準の1つともなる重要なものです。

5つ目は、血液検査です。中性脂肪、HDL・LDLコレステロール、GOT・GPT、y−GTP、血糖、HbA1cの数値を出します。

6つ目は、尿検査です。尿糖、尿タンパクの有無を調べます。

7つ目は、病院や医師の判断で行う検査で心電図、貧血検査、眼底検査などの項目があります。

この健康診断で、メタボリックシンドロームと診断された場合には、医師、保健師、管理栄養士などの専門家による「特定保険指導」をとるように指導されます。

大きなな病気にかかる前に、病気になりそうな人を早期発見して指導することが目的になって行なわれます。メタボ検診で出た結果を元にして、生活習慣を見直し、これからの生活を一緒に見直して、生活していこうというものです。

指導によって対象者自身が、具体的な目標を立てられるように指導・支援していきます。 2012年度末までは、保健指導の実務経験のある看護師も、メタボリックシンドロームの保健指導を行うことができるのです。

メタボ予備軍と診断された人には、動機付け支援を行っていきます。 個人またはグループで行い、メタボの知識や、対象者に及ぼす影響などを理解します。

動機付け支援にプラスして、定期的また継続的に支援を行っていくことで、行動目標を修正しながら、メタボの改善をはかっていくものなのです。

この支援には2つのタイプがあって、1つは「積極的関与タイプ」です。行動計画の実施状況を確認し、実践的な指導を継続します。

もうひとつのタイプは「励ましタイプ」です。こちらは、ほめたり励ましたりしながら、支援していきます。6ヶ月で設定した行動目標が達成できているか、生活習慣の改善ができたか、そうして身体的にメタボリックシンドロームが改善されているかなどの確認をしていきます。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。

TOPPAGE  TOP