メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームは英語で、日本語では代謝症候群と訳しますが、メタボと言うことのほうが多くなっていますね。

メタボリックシンドロームというのは、内臓脂肪型肥満の人が高血糖や、高脂血症または高血圧を合併した状態のことをいう病気なのです。

動脈硬化を引き起こし、さまざまな重症の病気を引き起こす原因ともなりますし、今までも肥満症、高血圧など、それぞれの病気が位置づけられているのです。

ところが、一つ一つが独立した病気ではなく、肥満、特に内臓に蓄積された内蔵脂肪型肥満が原因となって、いろいろな病気を引き起こしていることがわかってきました。

日本では、2006年に「メタボリックシンドローム」が流行語大賞を受賞して、一般に認知されるようになってきたのです。

2008年4月から、医療制度改革のひとつとして、会社や地域で行われてきた健康診断が、「メタボリックシンドロームの、予防と改善」を目指しておこなわれることになったのです。

そのもとになったのが、2004年4月に発足したメタボリックシンドローム診断基準検討委員会で、討論を重ねた日本における診断基準を決定したのです。

世界でもWHOやアメリカなどで診断基準が設定されているのです。 このように、国や地域によって基準が違うのは、生活習慣や、人種などの違いを考えなければならないのだと思います。

生活習慣病は、生活習慣が大きな原因の1つとして考えられる病気の総称ですね。この生活習慣病に、肥満を併発している場合には、メタボと診断されます。

具体的には糖尿病、脂質代謝異常症、高血圧症などがありますが、特にこの3つの症状は自覚症状があまり出ない場合が多くてそのままにしてしまっている人が多いのです。

その結果、動脈硬化や心疾患を引き起こすので、現在の日本人の死亡原因である、がん、脳疾患、心臓病も生活習慣と大きな関わりがあることが分かってきたのです。

生活習慣病にかかる人が多いのは、30代から40代位ですが、最近では食生活の大きな変化や、運動不足などから、子供の糖尿病患者が急増しているそうです。

メタボリックシンドロームを引き起こさないためにも、日頃からの生活習慣を気をつけて、見直すようにしましょう。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。

TOPPAGE  TOP