皮下脂肪と内臓肥満について

肥満には「皮下脂肪型」と「内臓脂肪型」とがありますが、メタボリックシンドロームは「内蔵脂肪型」の肥満の場合、予備軍もしくはメタボにかかっている危険性があります。

内臓脂肪型の肥満は、中年以降の男性に多いといわれていて、下半身より、お腹周りを中心に全体的にぽっちゃりしている体型なのです。 またビール腹ともいわれますが、ウエストがどーんと前に出ている肥満体型です。

皮下脂肪がつきやすいのは男性よりも女性のほうですね。脂肪は付きにくいのですが、一度付くとなかなか落ちないのでやっかいです。

メタボは、内臓脂肪型肥満の人たちがほとんどと考えられていますが、女性の場合は、皮下脂肪がつくとともに内臓脂肪も付きやすくなるので注意が必要ですね。

皮下脂肪は下半身、特に下腹、お尻、太ももにとつきやすい脂肪なのです。洋ナシ型肥満とも言われますね。

皮下脂肪は、人間にとってはある程度必要なものなので、少なすぎるのも健康的とはいえないです。

お腹だけがぽっこり出ている人は要注意だといえます。 内臓脂肪は付きやすいが、また落ちやすいのが特徴なので、すこし注意していけばすぐに改善していけます。

気になったときこそ、メタボリックシンドロームをしっかりと理解するチャンスなので、改善しましょうね。


病気をしないで、健康に長生きしたいです。

TOPPAGE  TOP